FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

②お役立ち情報(毎日更新)

2021-01-16 11:47:00

糖尿病のサインはこんなところにも。

240_F_203071535_dIbc2jFh6XW5ZtJITKOmltzSwRDqrPtL.jpg

糖尿病の前兆サイン。

 

糖尿病の初期症状のサインに気を付けて下さい。意外なサインがありますので注意してみてみて下さい。

 

体重の減少。

 

糖尿病になると「太る」というイメージを持たれる方が多いと思いますが、糖尿病の症状として体重が減少する場合があります。

 

糖尿病によりインスリンの働きが低下することによって、食事から摂ったブドウ糖をエネルギーとして利用できなくなり、体内の脂肪や筋肉のたんぱく質をエネルギー源として分解してしまうため。

 

糖尿病の患者さんの中には一ヶ月で10kg以上痩せてしまう恐ろしい事も起きているのが事実です。

 

多尿・頻尿。

 

血糖値が高い状態が続くと、腎臓は血中のブドウ糖を尿として排出しようとするため多尿や頻尿になりやすくなってしまいます。

 

喉の渇き。

 

多尿や頻尿になると体内の水分が必要以上に排出されるため、のどの渇きを感じやすくなります。

 

その結果、水分を多量に摂取し多尿の症状を招くという悪循環になってしまいます。

 

やたらと疲れやすい。

 

高血糖の状態が続くと、インスリンの働きが悪くなり、炭水化物などの糖質をエネルギー源として吸収しにくい状態になります。

 

その結果、脂肪や筋肉をエネルギー源として使うようになるため、やたらと疲れやすくなってしまいます。

 

体重が減少したり異常な食欲がわいたりと不安定になってしまいます。

 

足のしびれ。

 

糖尿病になると足のしびれや冷え、痛み、火照り、こむら返りなどの感覚、運動障害が生じる事もあります。

 

これらは糖尿病の合併症外の一つでもある「糖尿病性神経障害」の可能性のある症状で、もはや初期段階ではなく糖尿病がある程度進行してしまっているサインになります。

 

糖尿病になると血中のブドウ糖が増え、血液はドロドロになり、足先まで酸素が行き渡らなくなります。

 

そのため末梢神経に異常ができ足の感覚が麻痺し、これらの症状になります。

 

足のつめや皮膚の異常。

 

糖尿病神経障害が進行すると、血流の悪化や免疫機能が低下し、足の皮膚に異常が発生します。

 

・巻き爪

 

・爪白癬

 

・爪が分厚くなる

 

・皮膚が乾燥してひび割れができる

 

・魚の目やタコができる

 

・むくみ

 

糖尿病神経障害が進行すると足の感覚はさらに麻痺が進みます。

 

そのため、皮膚のひび割れやタコなどができても気づきにくくなります。

 

そしてそのような傷口から最近が侵入し感染症を引き起こして皮膚の細胞が壊死するなど、最終的には腐敗部分が変色します。

 

皮膚がかゆくなる

 

これはあまり一般的に知られてはいませんが、血中のブドウ糖を排出するために多尿になった場合、皮膚の水分が不足し乾燥、そのためかゆみが引き起こされるケースがあります。

 

またこれは例外ですが、糖尿病になるとあらゆる感染症にかかりやすくなりますのでご注意下さい。

Today