FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

④お役立ち情報(毎日更新)

2020-11-29 17:56:00

究極のダイエット減量食をクックマンに食べてもらいました。

a.jpg

ユーチューバーのクックマンとコラボでした。

 

食べなきゃ痩せない減量食の代名詞「ジャガバード」。

 

ダイエット食。

 

最近は僕も作って身をもって試しました。

 

ここ最近しっかり浸透してきた、食べなければ痩せるという理屈はもう通じないダイエット。

 

コップに入ったジュースじゃないのだから、食べなければ飲まなければ痩せるという事が通じないのが「体」。

 

痩せるためのエネルギーがなければ痩せられません。

 

体重を減らそうとすれば「代謝」が下がり、体は痩せるのではなく、貧相になり落ちる重さにもすぐ限度が来てしまいます。

 

張りがないカラダ。

 

そうなると待っているのがリバウンド。

 

このリバウンドも避けて痩せる方法は、体脂肪を減らす事。

 

そのための食べて痩せるためのエネルギーを保ちダイエットする「ジャガバード」。

 

クックマンに作り方を教えて食べてもらいました。

 

食べない事より食べる事のほうがキツイ・・・(笑)

 

そんな笑うしかないほどの量を食べて痩せる「ジャガバード」。

 

カロリー計算に脂質、そしてたんぱく質のバランスもダイエッターにとってぴったしの「ジャガバード」。

 

是非、配信を楽しみにして下さい。

2020-11-21 11:27:00

グルテンフリー食をしばらく試してみます

20201120_2148987.jpg

「調べてる」「指導してる」だけでは説得力に欠ける。指導する前に自分自身で「試す」。

 

今回はそのための『オートミール』

 

グルテンフリーが流行っている昨今。

このグルテンフリーの科学的根拠の是非は今回はまず置いといて。

試してみないと説明はできない。

 

なにも調べもしないで流行りの事を伝えるのはあってはいけない。

それは指導者としても、講演やセミナーを任されている者としてもあってはいけない。

さらにバイアスを偏らせてもいけない。

 

論文や文献での科学的根拠エビデンスがある事に軸を置いているとは言え、偏った話をしていては単純につまらないもの。

話すときは色々な経験を経てからの科学的根拠に着地できるように気をつけてます。

 

そのための今回、『オートミール』食。

 

グルテンについて。

冒頭に述べたように最近はアレルギーの元、ダイエットについてグルテンを避ける食事が巷ではあるのをご存知の方も多いはず。

 

そのためグルテンが入っている小麦などを避けた食事、グルテンフリー。

これがキーワードになっている健康志向食。よって大麦などで調理、料理した食べ物が注目されてきた。

 

だけどもここでグルテンとは?

グルテニンタンパク質とグリアジンタンパク質で形成されるタンパク質の総称。

これが小麦。

 

しかし、厳密に言うと大麦も近いものがある。

大麦はグルテニンとおなじグルテリン系、グリアジンと同じプロラミン系ホルデインが含まれている。

そうなると大麦さえもグルテンフリーと言えるかどうかは、際どい話よりも単純な話になりそうな気がするのは僕だけじゃないはず。

 

そうなって選んだのは完全グルテンフリー食の『オートミール』。

そしてオートミールを少し口にするというよりかはしばらくはこのオートミールに浸かろうという話。

到着したオートミールの量は自慢じゃないけど少なくないでしょ(笑)(⌒-⌒; )

 

そこでオートミールを少しでもいい味、飽きない味にするためトマトベースにセロリを少々。

 

このイケる味はジャガバードを思い出す。

 

最高の減量&ダイエット食「ジャガバード」に続き今回は『オートミール』食。

ジャガバードの名言「こんなに食べれないよ~」よりか初見は良好です(笑)

2020-11-20 16:46:00

ストレス点数表を作りましたので参考にしてください。

スクリーンショット (112).png

1967年に米国の社会学者ホームズと内科医レイによって作られた

 

「ホームズとレイのストレス度表(社会的再適応評価尺度S.R.R.S)」。

 

5000人を対象にしたストレス要因を探る調査として、世界的に有名なものです。

 

今回それをもとに表にしてみました。

2020-11-18 20:55:00

すべての人間の遺伝子は99.9%以上同じですが、たった0.1%で大きな違いになっている

240_F_247308963_CTF84BsVoXOOa6B0I6PTsRDNQ5FMrK9t.jpg

MUSCLE HYPERTROPHY GENE」の学術記事が面白かったので簡単に要約して書きます。

 

遺伝子は私たちの身体を構成するための設計図のようなもの。

 

一卵性双生児以外は違った遺伝子を持って生まれている。

 

ですがここで驚き!

 

人間とゴリラはおよそ97%の遺伝子を共有している。しかし誰も似ているとは思わない。

 

全人間の遺伝子は人種に関わらず99.9%以上が共通だけども、他人と似ているとは思えない。

 

さらに血の繋がった人はほぼ100%に近い遺伝子を共有しているけれど、自分と両親や兄弟で全く違う人間と感じる人も少なくはないかと。

 

このように遺伝子の世界では私たちの感覚は通用せず、たった0.1%の違いで膨大な違いとなってくる。

 

一卵性双生児は100%同じ遺伝子を共有していますが、成人時の身長や顔立ちが異なる事例も報告されているという。

 

これは仮にまったく同じ遺伝子を持っているとしても、その遺伝子が実際にどのように働くかについては生活習慣が影響を与える事が分かっています。

2020-11-17 23:26:00

インタビューでした

4713698D-16E4-4395-9AB7-05CAF6E979C7.JPG

某大学のインタビューでした。

1 2 3