FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

②お知らせ

2020-01-25 18:18:00

仏像修理師とのトーク動画第2弾

仏像修理師とのトーク動画第2弾

仏像、そして空間の価値観について迫っています。

 

2020-01-23 08:20:00

股関節が硬い、と悩んでいる方へ

股関節の位置が分かってないから困ってしまいがち

股関節が硬い...

 

柔軟性がない......

 

可動域が狭い........

 

そういう場合は意外に股関節に問題があるわけではなく、簡単なことで解消できる事もあるんです。

 

股関節の位置を頭で理解していなく、股関節以外のところも動かしてしまっている。

 

足の付け根の外側や太ももの外を股関節という意識になってしまっている。

 

240_F_251346915_wFjjldlbpG3ZiG0aaPw9l6iA6iR8Dr3z.jpg

 

大腿骨の骨頭という骨盤にはまっている部分を動かすことが股関節を動かすこと。

 

足の付け根「頚部」や太ももの外「転子部」を使おうとしてしまっている意識が多く、肝心の股関節「骨頭」を使っていない。

 

勿体なく、筋肉に余計な負担がかかってしまう。

 

この股関節の位置をしっかり脳に教えてあげるだけで使いやすくなります。

 

一番分かりやすい股関節の探し方は、

 

骨頭部分をおおよそで皮膚の上から押してかかとの内側を前に向ける。

 

かかとの内側を前に向けた時に、皮膚の上から押した部分が動く箇所が「骨頭」部分、要するに

 

「股関節」部分

 

になります。

 

参考にして下さい。

2020-01-22 16:09:00

有酸素運動と無酸素運動は一概に分けないで!

240_F_289816990_YZGDIMmLhgI1qszwcRXZGjz0TvQCzctO.jpg

有酸素運動、持続的に継続して運動するトレーニング。

 

レンジスタントトレーニングやウエイトトレーニングとも総称される、目的の筋力に強い負荷をかける運動を無酸素運動

 

そう分けられることが多い「有酸素運動」「無酸素運動」

 

ミトコンドリアは酸素を使ってエネルギーを作ります。

 

糖、脂肪、たんぱく質からエネルギーを作るミトコンドリアでの酸化反応が、ATPエネルギー(アデノシン三リン酸)を作ります。

 

このエネルギーを作るための反応は人間が生きている限り必ず働きます。

 

要するに「無酸素状態」なんてことはありえません。

 

よって「無酸素運動」という言葉が当てはまることがないという事になります。

 

これは「乳酸を活かしたスポーツトレーニング」八田秀雄氏の中でも解説されています。

 

そして世界的にも有名な最大酸素摂取量向上トレーニング「TABATAトレーニング」の田畑泉氏も、

 

酸素借の関係でもすべての運動・身体活動は両エネルギー供給系(有酸素運動エネルギー供給系と無酸素運動エネルギー供給系)が関わっているため、

 

一概に「有酸素運動」「無酸素運動」とは言えないとも話しています。

2020-01-21 13:14:00

礼服を着てわかるダイエット効果、声をいただきました。

lion-1425003__340.png

今回のダイエットプログラム参加者の方も通常のメニュー会員さんからも

 

「礼服を着た時にムリなく入った」

 

との声を頂き嬉しいプログラムになりました。

 

体重の数字が劇的に変わった方も、劇的に変わっていない方も

 

体脂肪率は変わっているという事。

 

体重が変わっていなくても体脂肪が減っていればそれは痩せている事。

 

もっといえば、体重は増えても(筋肉)体脂肪が減っていることも痩せている事。

 

礼服を着て分かる!との言葉は、トレーナーとしてとても嬉しい言葉となりました。

2020-01-20 09:48:00

地獄ダイエットプログラム終了、次回のダイエットプログラムは?

南国ダイエット.jpg

去年末からスタートした

 

「かえってきた地獄の南国ダイエット」

 

計3週間を経て終了しました。

 

気になる正月太り解消プログラムでしたので、100%ココナッツオイルそしてMCTオイルを摂取していただきました。

 

年明け、多い方は2kg

 

今回のプログラムの中で何度か説明した通り、「運動」だけで減らせるカロリーは多くありません。

 

運動して食べて飲む、また運動して食べて飲むの繰り返しが「代謝」を生みます。

 

「運動」だけではダメ、もちろん「食べる」だけでもダメ。

 

運動と摂取が合わさって基礎代謝量をアップさせ、普段からカロリーを使う体になっていくという事。

 

「食べて飲むから、痩せる」はこういう事です。

 

次回のプログラムでは「食べる、飲む」の栄養部分も気を付けてもらい、

 

「栄養」にも指導を当てまたダイエットプログラムを組んでいこうと思っています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...