FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

②お役立ち情報(毎日更新)

2020-03-28 23:40:00

ストレスに結び付く、生理活性物質ホルモン

testosterone-2901425__340.png

つい先日もハニーラルヴァの記事内にホルモン物質一覧表を作りました。

 

「グルカゴン」や「ドーパミン」等。まだ多くあります。

 

ドイツ語で「Hormon」。

 

「狭義には生体の外部や内部に起こった情報に対し、体内において特定の器官で

 

合成・分泌され、血液など体液を通して体内を循環し、別の決まった細胞で

 

その効果を発揮する生理活性物質を指す」(Wikipedia)

 

現在でもすべてのホルモン物質の特定分離は実現していないのが現状みたいです。

 

「セロトニン」など世に知られているホルモン、発見された物質に命名されていて、

 

中には人口合成に成功しているホルモンも存在しています。

 

同じ作用をするホルモンでも生物種それぞれ特有であることが多いとされています。

 

また、ホルモンに似た分子構造を持つ物質は、それが生体に取り込まれると、

 

本来ホルモンと同じ誤反射を起こすことが知られていて「環境ホルモン」と呼んで有害物質とされています。

 

ホルモンは極めて微量で精緻に確実に作用します。

 

ホルモン分泌の制御も同様に極めて厳密、繊細に行わなくてはいけなく。

 

僅かな狂いが生体に異常反射を引き起こします。

 

分泌される身体の器官は種類毎に決まって、これらもまだすべてを学術的に把握できていません。

 

これらのホルモンを分泌する器官を「内分泌器官」と呼んでいます。

 

ホルモンは身体を血液と共に循環器系で巡っています。

 

ホルモンは栄養物質ではなく「伝達物質」です。

 

なので、ホルモンが作用するには、特定ホルモン分子と結合するタンパク質が存在します。

 

それが「ホルモン・レセプター(ホルモン受容体)」です。

 

この結合が神経伝達の正体になります。

2020-03-27 21:39:00

22:00~大田原「夜更かしノート」出演

大田原「夜更かしノート」出演

大田原夜更かしノートというFacebookライブに出演してきます。

 

22:00~24:00

 

 

 

2020-03-26 11:04:00

昨日に引き続き「理屈」をお伝えします

doroレゼンテーション1.jpg

昨日動画でアップした「骨盤底筋トレーニング実技編」の解説動画です。

 

ドローインに絞った説明をしています。

 

2020-03-25 20:36:00

骨盤底筋トレーニング動画アップしました

骨盤底筋.jpg

女性そして男性、年齢別でも骨盤底筋トレーニングをこれから公開していきます。

 

実技編を7分弱でまとめてあります。

2020-03-24 22:38:00

かかとに体重乗っていませんか?

かかとに体重乗っていませんか?

かかとに体重乗っていませんか?

 

歩く時、手の振りがなかったりしませんか?

 

歩く時、手は「振る」のではなく「振られます」。

 

歩幅をとり足を動かすことによって、体が揺れる事を腕で調節するため、腕は「振られ」ます。

 

要するに手の振り幅が少ないとは、下半身からの連動が胴体に伝わっていなく、腕が振れる意味がないという事。

 

画像に作ってみました。

 

青いラインがセンターと呼ばれる「中央線」

 

赤いライン「かかとの最後部」になります。

 

このかかとの最後部より少しお尻が出る分にはかまわないのですが、

 

この赤いラインよりずっと後ろにお尻が出ていると重心が後方になり、かかとに体重を乗せてしまっています。

 

骨盤も後傾ではなく、猫背でもなく、姿勢は問題なく見えてしまうのが盲点。

 

かかとに体重を乗せることによって、歩き方はかかとから着地(靴のかかとがすぐに擦れます)。

 

そして後方に重心があるため腕は振られにくくなってしまいます(下半身と胴体が繋がっていないため腕でバランスを取ることがないため)。

 

そうなるとスクワットをする際、かかと体重の方は正しいスクワット(膝が出ないような)になりそうな気がしますが、

 

スクワットをしてもらうと、元々かかとに体重がかかっているから、

 

「中央から後方へ体重をもっていく意識」を意識する事が行動に移せないため、

 

かかとに極度に重心がかかり、後方に倒れそうな体を、

 

上半身を「くの字」に折りたたんでバランスを整えようとしてしまいます。

 

スクワット時に体を立たせる(骨盤を立たせる)事が難しくなります。

 

かかとに体重を置かず、足の中心から一本の線で頭につながるように心がけてみましょう。

1 2 3 4 5 6

Today