FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

②お知らせ

2019-10-24 17:25:00

30年以上コレステロールが悪者だったのがひっくり返りました

240_F_53011719_DHro82ZOcNnA75OaiPPS63CFHFskircl.jpg

アメリカやイギリスなど欧米でも、30年以上にわたって

 

「総脂肪と動物性脂肪の多い飽和脂肪酸の摂取量を抑えよう」という

 

食事指導が行われてきました。

 

しかし、2015年2月に、イギリスの医学雑誌にある研究結果が発表されました。

 

それは、「食事指導を実行してもしなくても、心筋梗塞などによる死亡率は変わらない」

 

というもの。

 

健康な人と、脂肪が高い患者を対象にした複数の研究を分析し、血中コレステロールを減らすような、

 

これまでの食事指導にはなんら根拠がないことを示しました。

 

日本の脂質栄養学会でも、

 

「コレステロールが低いほど死亡率が上がること」

 

「日本人は、コレステロールが高いといっても欧米に比べて低すぎること」

 

「女性の99%が薬でコレステロールを下げる必要がないこと」が、

 

データで明らかになりました。

 

これにより、2015年4月にはとうとう厚生労働省が

 

「コレステロールの食事での摂取制限」を撤廃しました。

 

それを受けて日本の動脈硬化学会も同年5月に、厚生労働省の基準撤廃に賛同。

 

コレステロールの悪者説が否定され始めてきました。

 

cholesterol-149091__340.png