FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

②お役立ち情報(毎日更新)

2020-01-22 16:09:00

有酸素運動と無酸素運動は一概に分けないで!

240_F_289816990_YZGDIMmLhgI1qszwcRXZGjz0TvQCzctO.jpg

有酸素運動、持続的に継続して運動するトレーニング。

 

レンジスタントトレーニングやウエイトトレーニングとも総称される、目的の筋力に強い負荷をかける運動を無酸素運動

 

そう分けられることが多い「有酸素運動」「無酸素運動」

 

ミトコンドリアは酸素を使ってエネルギーを作ります。

 

糖、脂肪、たんぱく質からエネルギーを作るミトコンドリアでの酸化反応が、ATPエネルギー(アデノシン三リン酸)を作ります。

 

このエネルギーを作るための反応は人間が生きている限り必ず働きます。

 

要するに「無酸素状態」なんてことはありえません。

 

よって「無酸素運動」という言葉が当てはまることがないという事になります。

 

これは「乳酸を活かしたスポーツトレーニング」八田秀雄氏の中でも解説されています。

 

そして世界的にも有名な最大酸素摂取量向上トレーニング「TABATAトレーニング」の田畑泉氏も、

 

酸素借の関係でもすべての運動・身体活動は両エネルギー供給系(有酸素運動エネルギー供給系と無酸素運動エネルギー供給系)が関わっているため、

 

一概に「有酸素運動」「無酸素運動」とは言えないとも話しています。