FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

④お役立ち情報(毎日更新)

2021-07-26 02:10:00

頭に入れておきましょう③ー➀最後に脂質はどうエネルギーに変わっていくか?

頭に入れておきましょう③ー➀最後に脂質はどうエネルギーに変わっていくか?

最後は脂質の代謝について。

 

口から入った脂質は十二指腸にいきます。

 

十二指腸で膵臓の膵リパーゼという消化酵素によって分解されます。

 

膵リパーゼは膵液という水にまざっています。

 

水となじみにくい疎水性の脂質(トリグリセリドやコレステロールなど)は膵リパーゼの効果を受けにくいとされています。

 

そこで胆汁

 

これが十二指腸に入ってきます。

 

胆汁の成分は脂質を乳化します。

 

そして膵臓からの膵リパーゼを含む膵液によって脂質がさらに小さく分解され、小腸から吸収されます。

 

消化酵素が含まれてはないのが胆汁。消化が役目ではなくあくまでも「乳化」のみ。

 

消化酵素が含まれているのが膵液です。

 

食べ物から摂取される脂質には中性脂肪(トリグリセリド)が含まれています。

 

膵液の膵リパーゼによって中性脂肪が分解。

 

そして小腸から吸収。

 

小腸で吸収は他のグルコース(糖質)とアミノ酸(タンパク質)と同じですね。

 

吸収された中性脂肪は小腸内で再合成されます。

 

そしてリンパ管を通って全身に運ばれます。ここからは先の2種類と違いますね。

 

グルコースとアミノ酸は小腸から肝臓に運ばれますが、中性脂肪はリンパ管。

 

※一部の脂質であるグリセリン単体や中鎖脂肪酸は肝臓へ運ばれます。

 

続きは明日。頭に入れておきましょう③ー②に続く