FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

④お役立ち情報(毎日更新)

2021-11-02 11:44:00

太ると言われている糖質は摂取するとどのくらい脂質になるか?

糖質はどのくらい脂質になるか?

ふぅ~

 

10月、いや9月くらい頃から「糖尿病」「糖質制限」や「インスリン」についての資料を頭に落とし込んで、やっとひと段落しました。

 

僕自身が糖尿病な訳ではないのですが、ダイエットの事を調べてここに行きつき、しばらく没頭してしまいました。

 

ここで細かく話す事はしませんが、ひとつ。

 

糖質制限で防げる糖尿病への対策はたったひとつの「高血糖防止」のみです。

 

糖尿病になると様々な代謝異常が起きます。

 

筋肉に糖が取り込めなくなったり、脂肪が合成されなくなって血中に脂肪が蔓延したり、はたまたタンパク質の分解も促進されたり。

 

ですが、糖質制限はたったひとつの「高血糖」対処のみ(何度も言います)。

 

しかし、この高血糖の対処の糖質制限で引っかかることありませんか?

 

高血糖に対処して糖質制限を行ったとしても、ただ血糖値を上げないようにしているだけで糖代謝異常は良くならないばかりか、糖質制限のメインデザートとなる脂質ばかりが増え、体は脂だらけ(血中遊離脂肪酸濃度上昇)。

 

こんな状態になってしまいます。

 

と、ここまでは糖尿病の話。

 

よく、糖質は太る!

 

と疑われてしまう「糖質」さんたちですが、疑われる理由に

 

「エネルギーとして余った糖質は脂肪に変わる」とあります。

 

ですがここでもひとつ。

 

糖質から脂質へそのまま変換されることはなく、糖質1gからは約0.28gの脂質しかつくれません。

 

100gで約28g。

 

ご飯普通盛りでおおよそ57gの糖質があるのでそれを約倍の2杯で28gにしかなりません。

 

それに加え、エネルギーにした効率も悪くなります。

 

エネルギーにすると糖質1gは約4kcal、脂質1gで9kcalのエネルギーをつくれます。

 

ですがこの糖質1gを脂質に変換するとして0.28gになったエネルギーを使うより、そのまま糖質1gの4kcalを使った方が効率が良いことになります。

 

脂質0.28gでは約2.5kcalにしかなりません(細かくてすいません)。

 

さらに!

 

「食べ過ぎたら変換されるのか?」

 

と言ったらそうではありません。

 

変換する方が効率が悪いのは分かってもらえたかと思いますが、糖のまま体に蓄えた方がこれも効率が良いんです。

 

体重1kgに約15gのグリコーゲンが貯蔵できると言われているので50kgの体重の人で約750g(脳や神経系でおおよそ100g~150gは使う)。

 

こうなると糖質が太る!というのもなかなか無理があるとは思っていただけたかと思います。

 

糖尿病予防に糖質制限というのも、糖尿病を悪化させてしまうコマンドになってしまう。

 

もちろん糖質制限を短期で利用する場合はあります。

 

しかし何事も普通の生活、普通の食事以外の事を長く続けてしまうと「あとが怖い」ということになりかねないので注意です。