FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

④お役立ち情報(毎日更新)

2022-08-15 23:05:00

高齢者が痩せているのは先進国で日本くらい②

高齢者が痩せているのは先進国で日本くらい②

食事面などで摂生してきた健康管理を180度変えていかなくてはいけないのが高齢者

 

高齢者になる時の基準は『ペットボトルのフタを開けられなくなった』その時。

 

ここから意識を変えていってほしいと思っています。

 

一応、その他の基準も表にしたので参考にしてみて下さい。

 

さて、なぜ血圧を下げなくて良いか?の問題解決は

 

『年齢が上がれば血圧も上がる生理現象』

 

こう言われています。

 

年齢を重ねれば誰でも例外なく動脈硬化は進みます。

 

血管の老朽化であり、血管の通り道が細くなります。

 

50代では50%、60代では60%、70代では70%の人が高血圧の診断基準を満たします。

 

研究では動脈硬化の進行した80歳以上の高齢者の場合には、若い世代とは異なり血圧が高くても死亡リスクは変わらない。

 

むしろ、降圧剤で厳格に血圧を下げる事で死亡リスクが倍になるという研究報告もあります。

 

心配な方は、薬を使わずでもストレッチや筋力トレーニングで強い血管も作る事が出来ます。

 

年齢と共に衰えがちな筋肉を鍛えることで運動機能と血流が高まり、血管病予防効果になり動脈硬化をナチュラルに改善していけるでしょう。

 

それぞれの患者さんの基礎疾患や予後、そして生活や人生の中での優先順位などの個別性や関係性を考えていくことが大事であって、必ずしも血圧が高いから低くしていかなければいけないというのは少し違ってくるように思えます。

 

血圧の下げ過ぎで血液を十分に循環させることができず、立ち上がった時にフラフラしたり汗をかいた後に立ち上がれなくなったり意識が遠のいて転倒したりトラブルがあるのも事実。

 

高齢者の場合、血圧をただ下げればよいというものではない事を理解した上で、血圧と適切に向き合ってほしいと思っています。