FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

④お役立ち情報(毎日更新)

2021-11-05 23:30:00

腹筋を運動するという事は?どういう事? ※参考論文あり

腹筋 ※参考論文あり

どうでしょう?今月前半の「腹筋」をテーマにしたトレーニング。

 

腹筋運動はそもそも何に使うの?と疑問に思っている方もいられるいられるでしょうから答えます。

 

一言で「姿勢」です。

 

腹筋群は歩いたり体を動かしたりしているだけで使われる部位(手足を動かしてみて下さい)です。

 

普段から腹筋という箇所は自然と使われています。

 

この腹筋を運動や強化したりすると、どうなるか?姿勢の維持が長く続く。

 

姿勢の維持??と思われるかと思いますが、立ったり歩いたりする姿勢には良い姿勢や悪い姿勢があります。

 

ハニーラルヴァではルームランナー時や呼吸トレーニング時、棒を使ってひねる時など特に姿勢には注意してもらっていますね。

 

疲れたり、ストレス(精神的や肉体的、生物的)が加わると姿勢を維持する事が難しくなります。

 

僕もそう、疲れたりすると著しく姿勢が悪くなります。

 

そもそもしっかりとした綺麗(綺麗と言ってもモデルさんのような姿勢ではありません)で健康な姿勢は代謝を良くさせます。見た目だけではありません。

 

普段、元気な時では平気で姿勢良くいられても、調子が悪く寝不足だったり疲れている時は「良い姿勢」をキープする事ですら疲れる・・・

 

腹筋を強くするという事は良い姿勢維持のキープ時間を長くするというコト。

 

良い姿勢をキープしようとしても調子悪くなると姿勢が崩れてしまう僕もまだまだなのですが。

 

腹筋を鍛えたからってポッコリしたお腹がなくなるわけでも、皮下脂肪が取れるわけでもありません。

 

file.jpeg

この論文はアメリカスポーツ科学ジャーナルに掲載された研究。

 

「腹筋運動は腹筋の筋力を高める効果は発揮できたが、腹部脂肪の様々な測定値を減らすのには効果は認められなかった」という論文です。

 

さらにもっと言うと「腹筋を割るためのトレーニング」等で紹介されているトレーニングを何百回続けようとシックスパックが作れるわけではありません(腰痛になる場合もあるので注意)。

 

シックスパックは遺伝そのものの問題。

 

痩せれば割れる人もいれば痩せても割れない人もいます。でも大抵痩せたら勝手に割れます。

 

何度も繰り返しますが、腹筋トレーニングで効果を発揮するのは「姿勢」です。「姿勢維持」。

 

きれいな姿勢を作る、維持するために腹筋に意識したトレーニングを行っていきましょう。