FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

④お役立ち情報(毎日更新)

2022-12-03 06:51:00

歯と健康の関係➀

歯と健康の関係➀

高齢になって歯が多く残っている人は、認知症発症や転倒する危険性が低い事が分かっています。

 

これは歯の健康が身体の健康と大きく関係しているという事のようです。

 

年齢を重ねると歯が失われていきます。

 

40代、50代と歯が抜け初め、60代ではおおよそ3本、70代ではおおよそ5.5本抜けると言われています。

 

もちろん歯を失う原因は虫歯です

 

虫歯の治療回数が増えるたびに歯は削れ小さくなっていきます。

 

口の中は常に500種類以上の細菌が唾液1mlあるいは歯垢1mg当たり1億から10億も存在。

 

歯垢を綺麗にしていないと歯周病の原因となります。

 

65歳以上の高齢者死因トップクラスの肺炎、実はこの肺炎の原因となる細菌が口の中に多く存在しています。

 

その細菌が唾液や食べ物と一緒に肺に入ってしまい発症する誤嚥性肺炎です。

 

歯周病減菌は歯周病や肺炎を起こすばかりでなく、心血管系疾患にも関わってきます。歯の持つ内毒素が、血管を刺激し続けることによって動脈硬化や冠動脈心疾患などを引き起こす可能性があります。

 

ケガは仕方ないとして歯周病、虫歯、噛み合わせなどは予防できます。

 

3ヶ月に1度、半年に1度などの定期的で歯を診てもらうことをおススメ致します。

Today