FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

②お知らせ

2019-02-27 08:19:00

ただラダーが上手になるだけのトレーニングにはしません

ラダーを使ったトレーニング。

 

単にラダーを駆け抜けた運動をしていれば、それはやればやるほど

 

「ただラダーが上手になるだけ」

 

目的意識をもって取り組みをしていかないと、それは時間の無駄になります。

 

「どの運動にも通じるから。」

 

「下半身強化になるから。」

 

「俊敏さを養えるから。」

 

それであれば単純にその場でモモ上げ運動をしたほうがいいトレーニングになるし、その場でスクワットしたほうが足首を痛めずに済みます。

 

ラダーをしっかり意味のあるトレーニングにするためにはしっかりとしたチェックに基づき、

 

安定性速く動く反応性、そしてもちろんスピード

 

を合わせなければラダーを使い遊んでいるに過ぎなくなります。

 

アジリティトレーニング。

 

クイックネストレーニング。

 

スピードトレーニング。

 

このトレーニングは1980年代にアメリカで開発。

 

筋力をつける=パフォーマンスアップ、ではありません。

 

「大型選手でもいかに速く動かせるか」

 

そこにフォーカスして開発されたトレーニングです。

 

筋力でなくいかに身のこなしができるかを重視したトレーニングです。

 

たとえ足が速くなくても、切り返しのスピードや動きだしのスピードのレベルを上げれば

 

「動きが速い」になります。

 

これがゼネラルスキルアップに繋がり、スポーツの基礎を作り上げることができます。

 

ゼネラルスキルは子供でも大人でも必要なもので、ゼネラルスキルがなければ

 

スポーツの専門的な技術を行ったとしても、技術の習得が遅れる、怪我が増える、ひとつ以上のスポーツが上手くならない。

 

ということに繋がってしまいます。