FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

②お知らせ

2019-05-20 08:26:00

骨盤底筋後半は外転筋や内転筋トレーニングとコラボ

「骨盤底筋・PC筋」ダイエットプログラムの折り返しです。

 

前半は腹直筋や腹横筋の腹筋トレーニングとコラボして行いましたが、後半は下半身の大腿筋肉とのコラボです。

 

特に外転筋は骨盤を安定させるための大切な筋肉です。

 

内転筋トレーニングは腹斜筋も鍛えられるので、腹筋トレーニングにも通じるので一石二鳥。

 

それに内転筋が弱くなると、O脚の原因になってしまいます。

 

240_F_73625418_5pLJ6gz4FxVEcYBTxEeH3h8cqYYHFGpB.jpg

 

ももの内側の内転筋や外側の外転筋を鍛えると気になる太ももの脂肪を減らしたり、ヒップアップにも繋がります。

 

内転筋が弱まると、脚を閉じることが難しくなり、骨盤が安定しなくなってしまいます。

 

外転筋が弱まると、骨盤を外側から閉める力も弱くなり、骨盤が開きやすくなるデメリットがあります。

 

特に外転筋は大きな筋肉になるので、鍛えれば脂肪燃焼にも繋がるので、この骨盤底筋プログラム週間でトレーニングをより一層のダイエットに繋げましょう。