FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

②お役立ち情報(毎日更新)

2020-08-06 22:00:00

上半身も下半身も体幹を使うから結局ポッコリお腹改善になります

240_F_168471495_LEuJ6KGc8igAoaDJhYWpHHewctb7N2UZ.jpg

今月のテーマでもある上半身トレーニング。

 

前回は「体幹トレーニング」。今後は「下半身トレーニング」にも入りますが、どれもお腹を使っているのが分かるかと思います。

 

『体幹部』です。

 

今回の上半身トレーニングでも登場するバトルロープトレーニング。

 

自重トレーニングでは腕立て、TRXサスペンショントレーニングでも上半身トレーニングをしていますが、

 

姿勢を維持するためかなりの力でお腹を意識してくれているはず。

 

お腹というと分かりづらいこともありますので、お腹の中の「インナーマッスル」。

 

インナーマッスルの「腹横筋」。

 

私も、ハニーズの皆様の体がブレないように姿勢を気にして注意してるので、なおさら体幹部には意識できているはずです。

 

先ほど付け加え忘れましたが、ハニーラルヴァのテーマでは「腹筋」のテーマもありますね。

 

腹筋は言わずともポッコリお腹には直撃トレーニングになっています。

 

要するに、どんなトレーニングでも体幹部の意識は避けて通れないということ。

 

ポッコリお腹に対して避けて通りたいという方は少ないと思いますが、

 

どんなトレーニングでもポッコリお腹改善は付属で付いてくるもの。

 

ということは、ずっと腹筋トレーニングになっているということです。

 

今回のテーマでの上半身で胸部分(大胸筋)が鍛えられれば、勇ましくなり。

 

背中部分(広背筋)が鍛えられれば、姿勢の見栄えがさらに良くなり。

 

それに加え「ポッコリお腹改善」となります。

 

だからこそどのトレーニングでも「意識」がとても重要。

 

意識していればどれもインナーマッスル直撃になっています。

 

極論言うと、ルームランナーでのウォーミングアップランニングでも目の前にある「姿勢」の図に注意してもらいながら

 

走ることは姿勢を意識してますし、縄跳びや呼吸法、動的ストレッチとすべて「体幹部」の意識は欠かせないということです。

Today