FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

④お役立ち情報(毎日更新)

2021-05-12 07:51:00

効果的な水分量摂取方法

効果的な水分量摂取方法

「水分摂取に効率が良い方法はありますか?」

 

質問があったので答えます。

 

まず『温度』。

 

水温の高い22℃以上では吸収量が鈍り、また低すぎる2℃以下でも鈍くなります。

 

適切な水分摂取ができなく体に負担がかかる可能性もあります。

 

スポーツパフォーマンス向上という点では水温5℃~15℃の水分補給が適していると言われています。

 

この温度になる目安を横浜国立大学 田中英登教授は、

 

『冷水器で冷やされた水や、しばらく流水したあとに出る水道水の温度です。

 

冷蔵庫や自動販売機から取り出した温度はおおよそ4℃~6℃。

 

5℃の水とは、一般的な家庭用冷蔵庫で1日保管した場合の平均温度になります。』

 

そして、水分摂取をより効果的にするには『塩分』と『糖分』を含んだ水分補給が効率的になります。

 

日本スポーツ協会でも熱中症予防の水分補給として食塩と糖分を含んだ飲料を推奨しています。

 

塩分1gに対しておおよそ水分を100g保持。

 

糖分1gに対しておおよそ水分を3g保持しようとします。

 

それぞれ水分とくっつこうとするわけです。

 

だから塩分が多い食事をすると顔がむくんだりするという事。

 

お酒を飲んだ次の日に顔がむくむ人がいらっしゃいますが、お酒のつまみとして塩分がたくさん入っているつまみが多いので顔がむくむという訳です。

 

よって水分をより吸収したい時は塩分と糖分の摂取もおススメします。

Today