FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

④お役立ち情報(毎日更新)

2021-07-03 11:23:00

鼻のトラブルは睡眠障害

240_F_95832821_6CBZYzkB4j7drWSULJ6QTGoKV49sIDYE.jpg

睡眠障害の大きな原因のひとつ「鼻呼吸」。

 

海外では10年以上前から鼻のトラブルと睡眠障害に関する論文が多く出ています。

 

日本ではここ数年。

 

ハニーラルヴァのメニューの中に「呼吸法」を入れています。

 

ハニーラルヴァの会員様は毎回、鼻呼吸でのトレーニングをジムでしていただいています。

 

鼻でのトラブルが起こると、苦しさで自分では気づかないうちに脳が覚醒してしまって睡眠の質が下がります。

 

要するに鼻でのトラブルは睡眠障害に事実上直結しているというコト。

 

データによると鼻づまりで睡眠が浅いと言う方は74%にものぼるということが分かっています。

 

「鼻が詰まっていれば苦しいのだから自然に気付くはずでしょ?」

 

そうとも言えないのが現状。

 

慢性的な鼻づまりの人は『鼻が詰まっているのが当たり前』の生活になり自覚がなくなっています。

 

睡眠の質が落ちれば心身に負担がかかり、集中力が落ちたり仕事の効率が悪くなったりします。

 

他の医療が急速に進化している一方、慢性胃炎や副鼻腔炎の治療がこの数十年もの間、ほとんど進化していないのが事実。

 

日本のここに問題もあります。

 

慢性的な睡眠不足は徹夜をしているのと同じです。

 

明日からのホームページの投稿は、具体的にどうしたらいいのか?を記載していきます。

 

まず簡単なところから「鼻呼吸」での私生活をおススメします。

 

口での呼吸が悪い訳ではありませんが、口での呼吸は鼻の呼吸を補うため、苦しい時のみ補うのが口呼吸。

 

そうなると予想できる通り、口での呼吸が主な人は『常に呼吸が正常ではない』と推測できます。

 

ハニーラルヴァでも伝えている通り、鼻は呼吸するところ、口は食事をするところ。

 

口呼吸はストレスの表れ。

 

※鼻のクリニック東京理事長 医学博士 黄川田 徹氏の著書を参考にしています。

Today