FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

④お役立ち情報(毎日更新)

2021-10-20 07:04:00

ジョギングVS階段昇り運動

240_F_231285747_vksBkgWfqwvu26Jw8FTLvFNKHtHforta.jpg

ジョギングなどの有酸素運動を日課にしたりする人もいるでしょう。

 

その中で階段の昇り運動も日課にする方もいるでしょう?

 

そこで

 

軽く息が切れるくらいのジョギングVS階段の昇り

 

消費カロリー分析をしてみると、

 

➀ジョギング体重50kgの人の場合

軽く息が切れるくらいのジョギング(時速8km)を20分で145kcal

 

②ジョギング体重75kgの人の場合

同じく時速8kmを20分で218kcal

 

➀階段の昇り運動体重50kgの人の場合、

階段の昇り運動を20分でゆっくり上がると70kcal、速くあがると154kcal。

 

②階段の昇り運動体重75kgの人の場合、

同じく20分でゆっくり上がると105kcal、早くあがると231kcal

 

こうみると、階段の昇りは負荷が大きい運動であるのにジョギングとさほど変わらないエネルギー消費になります。

 

同じ運動時間で比べてこれくらいのカロリー消費になるのであれば、負荷の大きい階段昇りはカロリー消費目的ではおススメできません。

 

では、階段昇りは意味が無いのかといえばそうではなく、筋力トレーニングになります。

 

多く、長い階段運動は膝などの支障のためおススメできませんが、筋力トレーニングとして短い時間ならおススメできます。