FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

④お役立ち情報(毎日更新)

2021-11-19 12:34:00

体重計に乗るならマイナス1kg

体重計に乗るならマイナス1kg

ほとんどの人が体重計に乗る時は裸、もしくは部屋着だと思います。

 

仕事着、作業着を着て体重計に乗る。もしくはアイテムを背負って体重を計る人もいないはず?

 

いたらごめんなさい!

 

.....とにかく自分の体重を計りたかったら、おおよその人は正確に計るため軽装で体重計に乗ると思います。

 

そこで、服を着たまま体重計に乗ったら、表示される数字より

 

何kgマイナスしていますか?

 

ほとんどが1kgを引いているかと思います。

 

健康診断でも1kg引かれますよね?

 

そう、1kgで正解です。

 

じゃあ話は終わりだ!とここで違う画面にスキップしないで下さい(汗)

 

そもそもなぜ1kgという数字になるのか?

 

適当ではないのか?

 

スマートフォンの重さはだいたい200g。

 

たぶんスマホを持ちながら体重計に乗る事はないかと思いますが、自分の体重を写真に撮ったりアプリと連動させたりして置く場所がない場合はマイナス200gで計算してあげて下さい。

 

そしてお風呂上りに入るのではなくお風呂に入る前に計って下さい。

 

お風呂後は汗が出てマイナスになっているだけで実際の体重とは違います。

 

汗をだして脱水した体重を計っても意味がありません。

 

自宅で部屋着でいながら服を脱ぐのが面倒な場合。

 

Tシャツはおおよそ150g~300g、スウェットは500g~700g、加えて下着は100g程度になります。

 

合計、おおよそ1000g程度になります。

 

もちろんボア入りのスウェットであればもう少し重たいし、薄い素材であればもう少し軽いのでそれを加味してプラスマイナスしてあげて下さい。

 

参考にしてみて下さい。

 

アウターを着ながら体重を計ろうとする人はいないと思いますが、

 

「俺はアウター着て乗る派だから!」

 

という方はただの意地悪です.......(泣)