FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

④お役立ち情報(毎日更新)

2020-01-10 17:25:00

ドローイン呼吸はぽっこりお腹改善の近道です

meditation-1837347_960_720.jpg

今月前半のメニューでもある「腹筋」

 

日頃からハニーラルヴァではドローイン呼吸をしてもらっています。

 

丹田を意識してもらい腹式呼吸そして、腹圧呼吸。

 

ピラティスでは「スクープ」とも呼ばれるこの呼吸法。

 

「インナーマッスルを刺激してお腹によい」という表現がよく使われていますが、

 

どういう作用なのか?

 

理屈的には、お腹を凹ませると腹巻のようにお腹を包んでいる腹直筋や腹斜筋群によって内臓が締め付けられます。

 

すると、筋肉に緊張状態が残り、ウエストが細くなるという仕組みになっています。

 

最初は一時的な効果にすぎませんが、繰り返すことで継続時間が長くなり、細さが定着していきます。

 

それに、腹斜筋群のトレーニングを負荷を下げて多くこなすことでも、周辺部の脂肪が落ちやすくなり脇腹をスリムにできる効果を持っています。

 

お腹は手足に比べ動かす頻度が少ないため、脂肪が付きやすい現状です。

 

大切なのは股関節ばかり動かすことではなく、コア(とくに背中の脊柱)を大きく動かすこと。

 

お腹を凹ませると複腔内の圧力が高まることから腰も安定します。

 

ドローインをしながら腹筋運動をこなすこともいい方法です。

 

腹直筋を縮める腹筋運動に対して、ドローインは腹直筋を伸ばそうとします。

 

相応する力を同時にかけ、負荷を高めるトレーニングのひとつです。

 

今月前半のテーマである「腹筋」。

 

残り少しですが、ドローインを意識して腹筋運動をすることはポッコリお腹解消の近道です。

2020-01-09 22:41:00

ダイエットプログラムのキーワード?

diet-3556961__340.jpg

去年末からスタートした

 

「地獄の南国ダイエット」

 

折り返しに入りました。

 

この地獄の「南国」ダイエット。

 

なぜ「南国」か?

 

ただジムを熱くして運動する?

 

そんな事ではありません。

 

キーワードはヤシの木と「中鎖脂肪酸」

 

ヤシの木にはココナッツとパームがありますが、ここで必要なのはココナッツ。

 

ココナッツに含まれる中鎖脂肪酸がキーポイントになるため、

 

「南国」と名付けたダイエットプログラムになっています。

2020-01-08 10:49:00

疲労の正体とは?

sleeping-3626021__340.png

「乳酸」

 

そして酸素の代役の燃料として使われるグリコーゲンやブドウ糖がエネルギーに変わるときに生まれる「乳酸」も、

 

疲労物質とは紐づかないことも立証されていると伝えました。

 

「脳」

 

brain-4245977__340.jpg

 

脳の状態を調べるテストがありました。

 

アメリカの国民的スポーツのアメリカンフットボール。

 

試合で激しく衝突し、翌日も頭痛が残ってしまう選手の脳への負担テストをしました。

 

その数値が著しく悪く「脳震盪(のうしんとう)」の表れということは頻繁にあるようです。

 

そして、そのアメリカンフットボールの衝突時のダメージと同じ数値が出たのが、

 

「睡眠不足」です。

 

おどろくことに、脳震盪並みのダメージが睡眠不足と同じという結果です。

 

健康を目指す人から、アスリートまで「睡眠」は重要かつ大切なことがわかるかと思います。

 

ここから ↓ は流す程度で聞いてください。(いつもよりは短くしてるつもりです 笑)

 

眠らないとテストステロンが10%~15%減ると、ブリュッセル自由大学教授レイチェル氏が報告しています。

 

テストステロンは男性ホルモンの一種で、筋肉増強や疲労回復にも影響がある働きをします。

 

カーネギー・メロン大学とピッツバーグ大学の共同研究によると、風邪のウイルスにさらされた際、

 

7時間以上の睡眠時間の人が風邪をひく確率が17.2%に対し、5時間以下の睡眠では45.2%に増加。

 

また5時間の睡眠だと糖分の代謝が30%~40%下がり、太りやすくなるということも分かっているとのことです。

 

睡眠時間でいえば、テニスのロジャー・フェデラーは1日12時間睡眠。

 

陸上のウサイン・ボルトもバスケットボールのレブロン・ジェームスも同じく12時間

 

それだけ「睡眠」と「脳」のダメージが大きく関わっていることが分かっている人たちは、

 

「睡眠」を疎かにはしないということが分かっていただけるかと思います。

2020-01-06 03:12:00

ボディメイクのための運動で減らせる体重とは?

運動で減らせる体重とは?

運動で減らせる体重は決まっています。どれくらいだと思いますか?

 

それぞれの運動で消化できるカロリーはおおまかに計算で出せます。

 

60kgの人間が行う運動として記載させていただきます。

 

よくハニーラルヴァの「例え」で出す42.195kmフルマラソンはおおよそ2000㎉~2500㎉

 

サッカー45分(ポジションにはよりますが)で、おおよそ472㎉

 

水泳で自由形を速くてきつい労力で60分でおおよそ617㎉(これは絶対無理)。

 

ボクシングでのスパーリングを30分続けておおよそ500㎉前後。

 

体重1kgを減らすためにはおおよそ7200㎉が必要となります。

 

単純に1kgを減らすためには、随分な消費カロリーが必要となることがお分かりいただけるかと思います。

 

そのひとつの運動で消費できるカロリーはたかが知れてるのはお分かりいただけるかと思います。

 

この運動を毎日できるかっていうところでも無理な事がお分かりいただけるかと思います。

 

要するに運動で体重を減らすというのは簡単ではありません。

 

ではハニーラルヴァではどうやってダイエットさせているか?

 

前回のダイエットプログラムでも早い段階で目標3kgを減らせた女性がいました。

 

ちなみに運動で消費できるカロリーに加え、運動を続けていくことによって上がる1日の基礎代謝量の変化でも説明しましょう。

 

定期的に運動する体になると、基礎代謝量が増えていきます。

 

平均的に18歳~29歳までの男性はおおよそ1,550㎉前後、女性は1,210㎉前後。

 

30歳~49歳の男性は1,500㎉、女性は1,170

 

50歳~69歳の男性は1,350㎉、女性は1,110㎉

 

基礎代謝が低い人でもおおよそ1000㎉はあります。定期的な運動をして、1日の基礎代謝をあげれば200㎉~300㎉の変化は無理ではありません。

 

 

「運動」で基礎代謝量は十分上げられます。

 

しかし1日の基礎代謝量が増えれば、それを補充しようとする体の働きも自ずと増えます(お腹が空くこと)。

 

これだけでもそう簡単に減りません。

 

先ほどの運動量で消費するカロリーと、1日の基礎代謝量の変化ではなかなか短期的にはダイエットできません。

 

ではハニーラルヴァではどうやってダイエットに直結させているか?

 

それが今回の「南国」ダイエットの醍醐味、そして今年からダイエットに照準を絞って行うハニーラルヴァの方法にあります。

2020-01-05 17:35:00

防水スプレーは密室では使わない

防水スプレーの注意

防水スプレー。

 

雨などの水滴をはじいてくれるスプレー。

 

これは密室で使うと危険です。

 

外でも吸わないよう注意してください。

 

肺の中にスプレーの成分が入り防止されてしまうと、間質性肺炎になります。

 

そうなると、呼吸しても酸素が取り込まれず、死に至ります。

 

今年もハニーラルヴァはジムの会員様以外にでも「健康」情報を発信していきますので、

 

ホームページをお楽しみ下さい。

 

今日からハニーラルヴァスタートです。2020年も宜しくお願い致します。

1 2 3 4 5