FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

②お役立ち情報(毎日更新)

2020-10-14 20:28:00

水分補給が大切な「水」だけど食事中は危険?ダイエットにも逆効果って・・・

240_F_159394432_Vrte8xH37vagaZyMnzBTB7fkehKu9T5V.jpg

健康のために必要な「水分」補給。

 

ハニーラルヴァでは水分摂取量などにも着目して、

 

クオリティオブライフに繋げてほしく、書いてきました。

 

しかし「水分」これがタイミングが悪いと逆効果が・・・。

 

なれはなぜか?

 

人間は食事すると、その食べ物を消化するのに胃酸の力が必要となります。

 

胃に入った食べ物を胃酸が溶かすことによって消化しているため、

 

食べモノが胃の中にあるときに水分を摂取してしまうと、胃酸の力が薄まって消化の力が薄まって

 

消化に時間がかかってしまうということ。

 

と言うことは?

 

もうお分かりかと思いますが、

 

時間がかかればかかるほど胃への負担は大きくなってきてしまいます。

 

食事中の水分補給によってなかなか消化できない状態が続くと、結果体を疲れさせてしまいます。

 

胃が活動すればするほど、全身の血液は胃に集中。

 

その結果、脳への血液が少なくなるので眠気も誘発してしまいます。

 

そしてダイエットにも逆効果。

 

??

 

「たくさん水を飲んでおけば満腹感も感じられるでしょう?」

 

なんて考えた方もいるかと思いますが、

 

前者で伝えた通り、食事中に水分を摂取すると消化が悪くなってしまいます。

 

それによって噛む回数も減ってきます。

 

ヒトは咀嚼(噛むこと)によって満腹感を得ているため、噛む回数が減ってしまうと食事の満腹感も得られず

 

ダイエットにも逆効果という事になります。

2020-10-13 15:17:00

身体の使い方のテーマはそれぞれ繋がっています

身体の使い方のテーマはそれぞれ繋がっています

今回のテーマでもある「身体をひねる使い方」

 

他にも胴体を「丸めたり反ったり」そして「伸ばしたり縮めたり」するテーマをハニーラルヴァでは設けています。

 

この体の使い方はすべて繋がっていると思って下さい。

 

次のテーマでもある「身体を伸ばしたり縮めたり」するテーマは、ひねる身体の使い方がうまくなれば伸ばしたり縮めたりする体の使い方を最大限に活かす事ができます。

 

今回のテーマ「ひねる」も同様。

 

胴体を最大限にひねるためには、まず背中の固さをとるために体を丸めたり反ったり、伸ばしたり縮めたりする使い方をやってほしい事。

 

ストレスを受けるとすぐに固くなってしまうし、座り仕事などで同じ姿勢を長時間続けるだけでも凝りが出てしまう、それが背中です。

 

そしてこの「ひねり」ができると、手足で力む必要がなくなるため、手足を繊細な調節や表現に使えるため、ダンスやスポーツには有利に働くという訳です。

2020-10-12 00:18:00

乳酸を疲労の原因と言わないで!

240_F_283500641_cqDS8CUS07pk1ZfS4aQxoNqjjoj2c9j4.jpg

「乳酸は疲労をおこすものではなく、疲労を防ぐために乳酸ができる。」

 

この事実を最初の述べたのは、乳酸があまりにも体に悪いというフレーズが多すぎるから。

 

「ダイエットするにはカロリーを減らしましょう」のフレーズと同じです。

 

過度な思い込みが独り歩きして、今でもカロリーを極度に減らしてダイエットしてしまう人がいるのと同じ。

 

乳酸については過去にも記事にしたことがありますがもう一度。

 

体内は中性に保たれていて、筋肉を使うと乳酸が作られ徐々に中性から酸性に偏っていきます。

 

ここでも注意なのが酸性に偏ってもそうした酸性を防ぐ機構が、体には存在していることを頭に入れていてほしいと思います。

 

「乳酸=酸だからそれで体内が酸性になって筋収縮などがうまくいかなくなる」と根強く勘違いしている指導者もいます。

 

長時間の運動では乳酸の原料の糖が減るので、より乳酸ができにくくなります。

 

有酸素運動でも極度の無酸素運動でも血中乳酸濃度が低下します。

 

よって疲労困憊になるのが乳酸でないのが実証されています。

 

そして逆に乳酸があると筋収縮がよくなるとか、疲労のひとつの原因でもあるカリウムの関係で筋収縮の低下が制御されることも研究で分かっています。

 

ようするに疲労回復の手助けになっているという事。

 

乳酸に限らず、どの物質でも適量であればプラス。多すぎたり少なすぎたりすればマイナス。

 

この関係が分かっていれば極度に「乳酸!乳酸!」などと思わないようになってくれればと思っています。

2020-10-09 22:34:00

オリパラ教育セミナーの講師を務めてきました

a.jpg

「オリパラ教育セミナー」と題した90分のプログラムを行ってきました。

 

「運動すると賢くなる。」「ずっと座ったままだとタバコ吸うよりも寿命が短くなるんだぞ。」

 

という科学的根拠の話は短めにして(笑)

 

とにかく元気の有り余っている10代の生徒には動いてなんぼ。

 

大切な事はココだけ注意して運動や生活をしてみて下さい。と重要な運動や健康を伝え。

 

あとは楽しくエクササイズをしながら90分を過ごしました。

 

最後に「強さとは?」「夢とは?」の話をしました。

 

s.jpg

 

「強さなんか求めてはダメ、強くなったと勘違いするとロクな事をしない。強くなろうとすると人はウソをつくようになる。だからウソをつかないようにすることにつとめてみて下さい。これからも友達が何十人に増え、知り合いを含めたら100人以上にウソをつかないようにするのは難しい。まず大切な人ひとりでいいから嘘をつかないように頑張ってみて下さい。そうしたら2人、3人と増やしていつか全員にウソをつかないようになった時、きっと自分にもウソをつかないようになっているはず。」そう伝えました。「そうなれば自分自身弱くはなっていないはずです。」と。

 

すると、一人の学生が生徒代表で最後の挨拶に僕の前に上がってくれ、

 

「今日は生徒代表で最後の挨拶をつとめさせてもらいます。言葉を用意するよりアドリブで言った方が良いと思いしゃべります。・・・ごめんなさい。やっぱりしゃべれません。

 

ウソをつかないようにしてと言ってもらい・・・僕は今までいろんな人にウソをついてきてたかもしれません。・・・ごめんなさい勝手に涙が出そうです」と声を震わせてマイクでしゃべってくれました。

 

僕は10代の時なんかこの子よりたくさんウソや見栄を張って生きてきたでしょう。それなのにこの子は初めて会った僕に素直に正直に、大勢の生徒の前でこんな表現をできるなんて。

 

感動を通り越して僕の方が涙を我慢するのがやっとでした。僕の言葉より何倍も透き通っていて。こちらこそ、ありがとうございます。

 

学生生活は社会に出る前の助走期間。

 

この時間を大事に楽しく過ごし、卒業したらそれぞれスタートダッシュをかけてほしいと思います。

 

帰りの路がなんだか晴れ晴れとした気持ちでした。

 

3D753CCB-C907-4E6B-9B3D-15C64F03FA38.JPG

 

その時の写真が出来上がり、学校に飾ってあるとのことです。

2020-10-08 15:52:00

筋力トレーニングには順番があります

240_F_359813879_BA2tfpOPRomm7zNMoJrspVHdEIyjQCNR.jpg

今回のテーマでもある「上半身トレーニング」。

 

筋力トレーニングには順番があります。

 

例えば今回の上半身にスポットを当てると。

 

まず胸/背中、次に肩や腕、こういった順番がオーソドックスとなります。

 

先に肩や腕などを筋力トレーニングして筋肉疲労を蓄積してしまうと、胸や背中の筋肉が効果的に鍛えられなくなってしまいます。

 

胸や背中を鍛えると、同時に肩や腕も鍛えられるので、まずは胸や背中。

 

その中でも胸と背中は交互にトレーニングするのが良しとされています。

 

筋肉が互いに逆の役割を果たすため、片方の筋肉が動いても、もう片方の筋肉は回復していくといった仕組みのため、

 

交互に筋力トレーニングをすると効果がアップするとされています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...