FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

④お役立ち情報(毎日更新)

2023-01-12 19:10:00

間食の食べ過ぎには気を付けてほしい表を作りました

スクリーンショット (545).png

間食が悪い訳ではありません。食べ過ぎに注意すれば問題はありません。

 

表を作ったので参考にして下さい。

2023-01-11 23:34:00

自動車に乗ると20分で約73歩?

IMG_3457.jpg

私は勉強のために歩数計を毎日持ち歩いています。

 

タニタ歩数計を3種類、交互に使用しています。

 

同じメーカーでも機械によってどれくらい違うのか?

 

日常生活の違いでどれくらい歩数が違うのか?

 

健康歩数の7500歩まで何時に到達できているか?など

 

IMG_3460.jpg

 

 

東京まで車で行く間、歩数計の数字は変わるのか?

 

調べました。

 

歩数計の時計をみて分かる通り、

 

出発は5:02、到着は8:08を指しています。

 

東京の目的地の駐車場までちょうど3時間。

 

そこまでの歩数が210歩~1067歩

 

スタートしたのが210歩。起きて歩数計を取り支度して家を出て写真に撮るまでが210歩というコト。

 

1067-210で857歩

 

しかしこの857歩の中の200歩は途中車から降りてトイレに行って帰ってくるまでの歩数があります。(実質197歩でしたがキリの良い200歩にするまで3歩あるきました)

 

よって3時間運転して歩数計がカウントされたのは657歩

 

車に乗ると振動でカウントしてしまっているのでしょう。

 

3時間で657歩、1時間で約220歩、20分で約73歩。

 

歩数計は20分で約73歩ほどの誤差が出てくるのは想定内にしておいたほうが良さそうですね。

2023-01-10 11:40:00

ウエイトトレーニング。重りを増やすタイミングとは?

ウエイトトレーニング。重りを増やすタイミングとは?

ウエイトトレーニングをしている際に

 

「いつのタイミングで重りを増やしていけばよいのだろうか?」

 

という時があります。

 

同じ重さでトレーニングをしていると徐々に筋肉が増え、その重さに慣れてきます。

 

すでに到達しているレベル(慣れてしまった重さ)以上の重さに変えていかなければ、筋力能力の維持、もしくは低下を起こしてしまいます。

 

そんな時に重さを増やす、

 

2for2ルールというものが存在します。

 

例えば週3回(月曜日/水曜日/金曜日)、ウエイトトレーニングをしている人の現在のトレーニング重量が50kg×10回を3set。

 

月曜日 1set目 10回 2set目 10回 3set目 10回

 

水曜日 1set目 10回 2set目 10回 3set目 12回

 

土曜日 1set目 10回 2set目 10回 3set目 12回

 

このように水曜日と土曜日の2回連続でいつもより多く2回持ち上げる事ができた。

 

この際に次回から重量を上げていく方法。これを2for2ルールと言います。

 

参考にして下さい。

 

負荷を増やす重さは下の表を参考にして下さい。

 

スクリーンショット (730).png

2023-01-09 11:15:00

1月前半は腹筋運動を中心にやっていきましょう

5月は腹筋運動を中心にやっていきましょう

11半の運動のテーマは「腹筋トレーニング」。 腹筋テーマ.jpg

 

 

腹筋運動はどうしても回数で勝負しがちになってしまいます。

 

しかし、腹筋を鍛える大切なコトは回数ではありません。

 

正しい腹筋のポイントが分からず回数を重ねてしまえば、腰痛の原因になります。

 

腹筋の外側の筋肉、腹直筋。中の筋肉、腹横筋。

 

この腹横筋は姿勢を保つ筋肉から始まり、あらゆる筋肉と連動しています。

 

この腹筋をしっかり鍛える、という事は

 

姿勢が良くなる事。

 

姿勢と単純に言ってもこれが非常に大切なポイント。

 

これで健康か不健康かが如実に表れてくるポイントにもなります。

 

2023-01-08 22:04:00

講演が無事終わりました。

IMG_3437.jpg

伊藤祐靖さんとの対談講演も無事終わりました。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...

Today