FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

②お役立ち情報(毎日更新)

2020-03-16 08:11:00

3月後半のテーマは「丸める反る運動」そして「体幹トレーニング」です

7月後半のテーマは「丸める反る運動」そして「体幹トレーニング」です

後半テーマは身体を丸める反る運動、そして体幹トレーニングがメインになります。

  

「丸める反る」は歩く、走る、の動作が楽になり山道や坂、階段の昇り降りではもっとそれが実感できるようになります。

 

それが骨盤の「丸める反る」運動です。

 

胴体を丸める時、横から見るとCの字のようにたわむ。

 

反るときは丸くなった背骨が少しずつもとへ戻り、首の骨が背骨からまっすぐに伸びていきながら、胸が広がった感じになります。

 

この時、骨盤が動き、その動きが背骨に伝わりますが、丸める時は骨盤が後ろに回転。

 

骨盤が後ろに回転すると骨盤内の筋肉群が縮むことになります。

 

この動きがスムーズになれば、腰から下腹部、腰から臀部にかけての筋肉がよく動くようになるため、そこに連動している大腿が楽に動くようになります。

 

よって、ダンスや脚の表現を必要とする歩きや走りの表現が多彩になると言えます。

 

そして、もうひとつは「体幹トレーニング」

 

ハニーラルヴァでもお伝えしている通り「体幹」は簡単ですが簡単ではありません(笑)。

 

体幹の姿勢を真似する事は誰でもできます。

 

そう難しい事でもありません。

 

でもそれは真似しているだけ、という事。

 

「体幹トレーニング」はどこにどう力を入れて姿勢を保つか、が重要であり、

 

形だけまねようとしてキープしても、例え1分、3分、10分保つことができたとしても、

 

本来入れてほしい力が入ってなければ意味は全くありません。

 

他の筋力トレーニング、または腹筋トレーニングと同じように。

 

入れるべき場所に入れる力、を伴わなければそれは10分、20分継続しても

 

正しく1分継続した体幹トレーニングの足元にも及ばない強度になってしまいます。

 

手足の連結部分として重要な「体幹」。

 

これを鍛えることで、「手」や「脚」のパフォーマンスレベルが上がるのは確実です。

2020-03-15 09:55:00

乳酸菌の選び方

乳酸菌の選び方

先日の乳酸菌の記事の続きを動画で説明します。

 

 

2020-03-14 23:59:00

乳酸菌は動物性より植物性

乳酸菌は動物性より植物性

乳酸菌は動物性乳酸菌

 

そして植物性乳酸菌に分かれます。

 

ヨーグルトやチーズに含まれる動物性乳酸菌。

 

味噌や醤油、漬物に含まれる植物性乳酸菌。

 

植物性乳酸菌は胃酸など過酷な環境にも強く、生きたまま腸に届きます。

 

そのため腸内環境を改善する力というのは断然、植物性乳酸菌のほうが動物性乳酸菌より優れています。

 

特に野菜の漬物は乳酸菌を豊富に含み、それぞれの野菜がもつ食物性などの有効成分も加わって、

 

腸内の有害菌の活動を強力に抑えると言われています。

 

それに対して動物性乳酸菌は、食物繊維をほとんど含んでいません。

 

食物繊維は乳酸菌と共に、腸内環境を改善するうえで欠かせない存在です。

 

漬物のような植物性乳酸菌の発酵食品は、乳酸菌と食物繊維の両方が一度に摂れるメリットだらけの食品という訳です。

2020-03-13 23:22:00

腹筋を意識して美ボディラインを作る

腹筋を意識して美ボディラインを作る

いくら脂肪を落としても、ただ痩せるだけは身体のラインが美しくなりません。

 

筋力トレーニングは、筋肉を鍛えながら体脂肪を落とせるので美しい身体を作るにはとても効率がいいです。

 

筋力トレーニングで関節を正しく動かせるようになると、筋肉が正しく働くため、姿勢も正しく整えられます。

 

筋肉を刺激することで血流がよくなり、体のむくみも解消されます。

 

筋力トレーニングで健康的なボディラインを作ることができるでしょう。

 

「腹筋」。

 

シックスパックとも呼ばれていますね。

 

ハニーラルヴァの皆さんに意識してもらっている、体幹深層部と体幹浅層部に意識した力の入れ方で、

 

腹横筋に力が入り、上半身と下半身を繋いでいる大腰筋にも力を届かせることができます。

 

そこから、足や身体の屈曲で更に腹筋に負荷を与えることができることは体験している方々ならお分かりいただけるかと思います。

 

少ない数でも効いていることが伝わるかと思います。

 

「腹筋」。

 

ボディラインや身体のラインを作るにも一番と言っていいほど気になる箇所。

 

意識することでスピーディーに改善、そして「体を作る」ことができます。

2020-03-12 23:38:00

食物繊維の「水溶性」「不溶性」とは?

barley-2117454__340.jpg

食物繊維には水に溶けない「不溶性食物繊維」

 

そして水に溶ける「水溶性食物繊維」

 

このふたつがおおまかに存在しています。

 

豆類や殻類、野菜、キノコ類に大きく多く含まれる不溶性食物繊維は、腸内で水を吸収し膨らみ、腸を刺激して便通を改善させます。

 

水溶性食物繊維は、海藻類に多く含まれる栄養素。

 

体内で水分に溶け粘着性を発生させ、糖に吸着し、糖が小腸から吸収されるスピードを遅らせます。

 

これはその結果、血糖値の上昇を緩やかにし、脂肪の合成を促進するインスリンの過剰分泌も抑制させます。

 

このように「水溶性食物繊維」の働きには目を見張るモノがあるので、

 

この記事を参考に水溶性食物繊維の摂取は大切なことを頭に入れてほしいと思っています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...

Today