FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

②お知らせ

2019-02-06 21:45:00

You Can Do It!

I Can Do It!

 

You Can Do It!

2019-02-05 23:59:00

「かえってきた地獄ダイエット」をクリアした男性の声

19日で3.2kgクリアした男性

 

「1番早くクリアできると思いましたが、上には上がいました。笑」

 

「ふつうに食べていいと言われ恐る恐るでしたが、

 

たしかに食べないと体重減らないんです。」

 

「太りやすい体質でしたが、食事メニューには手を加えず、

 

動いて落とせたのがラッキーでした。」

2019-02-04 22:14:00

食べるから痩せる「かえってきた地獄ダイエット」終了しました

3週間に渡る、地獄ダイエット企画が終了致しました。

 

かえってきた地獄ダイエット3週間で3kgダイエット

 

早い方は17日で「kg」クリア。16日で「3,5kg」クリアした方もいらっしゃいました。

 

9割のクリアした方全員が3kgオーバーのダイエットになりました。

 

1割の方は「仕事で通う頻度がくるってしまった」

 

「時間がなかった」などの方々です。

 

「食べたから痩せた」のです。

 

というか「食べるから痩せる」

 

「食べないと痩せません」

 

それがこのダイエットの約束でした。「食べる事」

 

ハニーラルヴァの会員様には折々で伝えている通り、

 

カロリーが少ない生活を続けていれば、身体はその生活に適応してしまいます。

 

それが「食べてないのに痩せない」の原因です。当たり前なことなんです。

 

カロリーや栄養不足の生活を続けていれば、汗をかかなくなり代謝が落ちます。

 

基礎代謝以下の生活を続けていれば痩せなくなります。

 

ボクシングの世界でも、普段から汗をかくためのサウナスーツを着ていればそれが普段の体に適応され、

 

それが普通になり、汗をかくためのサウナスーツが慢性化し、単純に効果のないモノになります。

 

それが人間の体です。

 

マイナスカロリーの生活にも人間の体は適応してしまいます。

 

適応していく人間の体、自分の体を見極めないで食事を減らせば痩せる、減らさないと痩せないなどの

 

考えは禁物。

 

身体をだますために行うチートディも同じ理屈になります。

 

チートディを加えた週間にするのは、そういう慢性化を壊すため。

 

そして待っているリバウンドは「食べてない結果でもたらされるツケ」ですよね。

 

そのツケの利息は倍以上になるのは知っているかと思います。

 

食を細くしてリバウンドの恐怖から逃れようと続けるたび、食事ができなくなります。

 

「食事を永遠に細くしていく覚悟だ!」なんて言われるとどうしようもありませんが。

 

そしてカロリーの問題ではありません。

 

1kg減らすことにどれだけのカロリー制限が必要になるか。

 

42.195kmのフルマラソン×3以上でやっと1kgのカロリー消費です。

 

カロリーで痩せようとすればそれほどの労力をこなして痩せなければいけません。

 

フルマラソン以外で考えてみましょう。

 

体重60kgの人の場合、

 

ボクシングで60分サンドバックを打って減るカロリーはおよそ277Kcal

 

ボクシングのスパーリングを60分やって消費されるカロリーはおよそ393Kcal

 

卓球で60分動くカロリーはおよそ252Kcal

 

サッカーの試合を60分続けて消費されるカロリーはおよそ630Kcal

 

これを基礎代謝や食事とのカロリー計算に加えたとしても、1日で減らせるカロリーは微々たるモノになります。

 

1kg痩せられる頃には心労でストレスが溜まっている状態になってしまうことも大袈裟ではありません。

 

こう思うとフルマラソンがどれだけの労力を使うかお分かりいただけたかと思います。

 

それに食べなければ食べない程どうなるでしょう?

 

食が細くなり、次の食事でも前の食事以上にカロリーを増やさないようにする。

 

そしてまた次の食事も前よりカロリーがオーバーしないように細くなる。

 

その繰り返しでは体に栄養が回らないことは火を見るより明らか、になります。

 

そうまでして痩せた体は今後、食事を普通に摂ることができなくなる体になります。

 

食べないで、ただその体を細くさせ、そしてまた食べない生活をしていく?

 

そうなると食べない原因で自律神経がくずれ、副交感神経より交感神経が優位になり呼吸が乱れ酸素の量と二酸化炭素の量が・・・

 

っと道がそれてしまいますね。

 

そういう思いで今回この「かえってきた 3週間で3kg痩せる地獄ダイエット」を企画しました。

 

いつもは詳しい事はメルマガで流しているのですが、今回のダイエット企画が理屈と化学的なプロセスで成り立っていることを

 

知っていただきたくHPに載せました。

 

第1弾の去年の夏から今年の正月明け第2弾、今度はまたいつ企画するか分かりませんが、ご期待下さい。

 

他の企画もまだオープンしていませんが続々企画していくのでお楽しみ下さい。

 

今回の「地獄ダイエット」エントリーの方々お疲れさまでした。

 

 

Re地獄ダイエット.jpg

2019-02-02 21:37:00

日曜日のハニーラルヴァに来てくれました。

東京の伴流ボクシングジムの後輩がハニーラルヴァに来てくれました。

 

動きを見てほしい、と。

 

松本翔司選手。

 

いい動きですよ、相変わらず。

 

だってフライ級(50.8kg)の軽量級なのにパンチ力はズバ抜けてて。

 

でも僕が所属してた頃の伴流ジムでは軽量級は、皆キレるようなパンチ力がありました。

 

体重が重くなれば比例してズバ抜けるパンチ力を持った選手ばかりで。

 

それはこのハニーラルヴァでも教えてる身体の使い方をやっている証拠。

 

それが伴流ジムの名文句「一撃必殺」を生んでました。

 

そんな体の使い方を「まだ」やってくれている人間に会えるのはとても嬉しく思います。

 

そんな松本選手に胸を借り、ハニーラルヴァの会員さんもアタックしていってました。

 

松本選手の手を出さずとも迫ってくる感じ。

 

松本選手になかなか当たらない感じ。

 

プロボクサーのそれを肌で感じれたハニーズはとても幸せな顔をしていました。

 

松本選手はまだ2戦と戦歴はわずかながら、ハートと想いそして強さは兼ね揃えています。

 

そういう選手が強くなる様子を見ていけるのは面白いですね。

 

20190202_1931869.jpg

2019-02-02 10:52:00

改造計画(栄養編)終了、引き続き2月はトレーニング編

都度、掲載させてもらっている「芹江改造計画」。

 

ただ単に体を変化させることを綴るわけではなく、

 

1月は栄養「たんぱく質」がどれだけ体にひびくのかを伝えるため。

 

そしてこれは

 

「体重が増えるのに痩せる」というのが目的。

 

ボクサー時代は62kgあったもともとの体重が、現役引退してから筋肉が落ち体重が減り

 

57kgまで減ってしまい。体もいい落ち方をしていない事を、身をもって改造させるため。

 

1月は栄養。

 

2月はいよいよ体作り。

 

トレーニングを入れて身体を作っていきます。

 

そのトレーニングは適当なトレーニングではありません。

 

https://honeylarva.com/info/2402181

 

 

file-30.jpeg

 

もともと1月はじめは57.2kg。そして今目的の62kgに近い「61.8kg」。

 

これはただ体を大きくしただけじゃなく、まず栄養で大きく戻し。

 

そこからトレーニングで体を作る。

 

2月は身体にこたえる月になりそうです・・・

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...