FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

②お役立ち情報(毎日更新)

2020-10-06 21:57:00

身体をひねるとなにが良くなるって、目も良くなります

240_F_376841588_ruyk6LiZVuG3WZZFZTnNSEYfLGLbuqJb.jpg

今回のテーマの「身体をひねる使い方」での効果をお伝えします。

 

まず、目が良くなる事。

 

これは、捻ることで交感神経が刺激されるためです。

 

そしてひねる身体の使い方をすると、左右のバランスがとれるようになります。

 

そうすると胸のねじれや背骨の歪みなども調整されていくというわけです。

 

そしてまだ「ひねる」ことで体が良くなる事は、膝なんです。

 

膝を中心とする故障が多い人の中では「ひねる」の動きが苦手な人もいます。

 

膝の痛みをたどっていくと腰にいきつきます。

 

腰の骨の腰痛の3番目を中心にねじりにくい方(左右のどちらか)をよくねじることで膝の痛みが解消されたケースもあります。

 

こういうふうに連ねてみると「ひねり」もそうですが、身体をうまく使える事で長年付き合っていた痛みから解放されることも珍しくありません。

2020-10-05 21:19:00

汗を多くかいた分、カロリーは多く減る?

寒い時期のほうが痩せやすい理由とは?

徐々に涼しくなってきました。

 

なん週間前の夏の暑さに比べたら、少しくらい寒い気温もなんのその・・・とはいかないくらい肌寒くなってきました。

 

汗もなかなかかかない季節、と思っていても汗の分泌量とカロリー消費の関係性はありません。

 

「要するに汗をたくさんかいたから痩せる」訳ではありません。

 

汗をかくのは脱水なだけ、と僕も常々伝えてきています。とは言っても、

 

「夏の暑い時期にあれだけ汗をかいたあとなんだから消費カロリーだって相当なはずでは?」

 

と疑問に思っている方もいらっしゃるのでここで記載させてもらいました。

 

もう一度、「汗の分泌量と消費カロリーは関係ありません」。

 

汗の意味とは体温調節。

 

体温は外気温に合わせるためにエネルギーを使います。

 

よって、夏の外気温は体温に近いですよね?時期によっては体温とほぼ同じになります。

 

ですが、冬の寒い時期や涼しい時期はどうでしょう。

 

夏よりずいぶん体温との差がありますよね?この気温に体温を調節しなければならないためカロリーを消費するんです。

 

よって1年で2月~4月のほうが痩せやすいのです。

 

逆に8月~10月は痩せにくい時期なんです。

 

この差で10%の消費カロリーの差が出ると研究があります。

 

要するに暑い時期より、寒い時期のほうが10%も消費カロリーが違う。(基礎代謝が1800㎉の人の場合同じ運動量で180㎉も季節で違うということ)

 

という事は?サウナスーツ着て汗をかいて痩せようとしているのは見当違いですのでご注意を。

 

汗はかけますが、痩せません。

 

そしてもうひとつ、水分を摂取していないと汗がかけないため体温調節ができず、筋肉などの水分が減っていってしまいます。

 

食べないダイエットもだめですが水分も減らしてはだめです。

 

2020-10-04 22:25:00

自然にはできない動き、創り上げていく動き

240_F_357065001_UGhEdrlzVIsowN55z7ROmNtvsamxq9VB.jpg

今回のテーマでもある「身体をひねる使い方」

 

ひねる、という体の使い方は大きく分けて2種類あります。

 

ひとつは、胴体と下半身または腕が逆に回転する事

 

もうひとつは、胴体と下半身と上半身が一枚の板になって回転する事

 

この胴体と下半身と上半身が一枚の板になって回転する、という事はゴルフのショット、そして格闘技のパンチ、スイングするスポーツにとって絶大なパワーになります。

 

しかし、体幹の力を伴わなければいけないので簡単ではありません。

 

前者の、胴体と下半身または腕が逆ひねりに回転する事。も大きなパワーを蓄えられることになりますが、軸足がゆるんだりするとチカラが逃げてしまって簡単ではありません。スポーツで言えばサッカーなどのキックの使い方ですね。

 

簡単ではないものの両方とも体の使い方としてはそうとうなパワーになります。

 

「ひねる」は体の各部位に対して意識的に行う動作の為、自然にできる動きではなく、創り上げていく動きになります。

 

そしてどんなに驚異的な動きを見せる動物でも「ひねる」事はできません。

 

「ひねる」行為は自分がどんな動きにあるかを認識して作り上げていかなくてはいけないため、先ほど述べさせてもらったように自然にはできません。

 

ましてやそれを繰り返す行為ができるのも人間のなせる業。

 

身体能力では動物には到底及ばない人間でも、創り上げていく意識の体の使い方で強い動きができるのはとてもすごい事だと思います。

 

そして、身体をひねるということは強いパワーを生む以外でも体の痛みをとってくれます。

 

それは後日載せていきます。

2020-10-03 19:57:00

朝活から元気に営業中

IMG_2542.jpg

ハニーラルヴァは土日祝日も営業しています。そして平日は朝9時から20分のフィットネスを設けてます。

 

昼過ぎからは夜9時までそれぞれの目的のため、メニューに沿って運動してくれています。

 

グローブを付けて楽しんでくれる方々。

 

健康、ダイエット、筋力トレーニングのためにウエイトトレーニングをしてくれている方も。

 

体の使い方、体をうまく使えるようになると多様性がうまれどんなスポーツにも通じるため、小学生のジュニアたちも頑張ってくれています。

 

心拍数トレーニングで体の酸素運搬能力を向上させるトレーニングを頑張ってくれている方もいらっしゃいます。

 

様々な目的のために、様々な方々が彩ってくれているフィットネスクラブ「ハニーラルヴァ」。

2020-10-02 21:09:00

カレンダーで10月のハニーラルヴァの予定をご確認下さい

カレンダーで10月のハニーラルヴァの予定をご確認下さい

10月のハニーラルヴァのカレンダーをご確認下さい。

 

https://honeylarva.com/calendar

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...