FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

②お知らせ

2020-01-19 09:33:00

ボクサーが仏像修理師とトークしたらどうなった?

仏像.jpg

鹿沼にある仏像修理師3人が経営する「三乗堂」。

 

そこで文化財についての各々の想いを語り合っています。

 

日光の輪王寺、平成の大修理をきっかけに集まった3人がどういった今までを辿って、これからはどういう道を追っていくのか。

 

そに中で僕の「健康」と「運動」の話がスッと混ざっていく。

 

どうぞご覧になって下さい。

 

2020-01-18 23:11:00

糖をエネルギー源にするのが乳酸「乳酸」が疲労物質なんて切り捨てて!

240_F_282248074_xaV8N99kvPmT9jCi1OduRFQK9uqXixNW.jpg

まず、何度もいうように「乳酸」は、

 

酸素不足で作られて筋肉に溜まって疲労の原因になる事の逸話から頭を切り離してほしい事。

 

乳酸が酸だからそれで体が酸性になって、筋収縮などがうまくいかなくなるという考えが大元にあるようです。

 

本当に体内が酸性になればそれは疲労の1原因になりますが、実際には体内には酸性にならないような仕組みがいくつもあるため、

 

なかなか体が酸性になることはありません。

 

そう説くのは東京大学大学院の八田秀雄氏。

 

体内が酸性に傾くのはほんのわずか程度。

 

体は常に中性を保とうとしています。

 

乳酸は疲労物質ではなく、疲労を回復させてくれる役目です。

 

ハニーラルヴァでも常々伝えています。

 

疲労の原因の根拠など解明できていません。

 

そこを勘違いしないように。

 

原因はひとつではなく混合的なため、ひとつの理由を取って「疲労」だとは言えません。

 

要因としては、リン酸、ADP、カルシウム(細胞外)、ナトリウム(細胞内)、活性酸素種、

 

グリコーゲン、ph、体温上昇、筋温上昇、脱水、筋損傷蓄積など。

 

こんなにたくさんの原因があります。

 

これを見てわかる通り「乳酸」など含みません。

2020-01-16 17:21:00

骨盤臓器脱は珍しいことじゃありません

骨盤臓器脱は珍しいことじゃありません

骨盤内の臓器が下がり、膣がはみ出てしまう事。

 

「骨盤臓器脱」

 

女性の骨盤内にある臓器が本来の位置より下がり、膣からはみ出てくる病気です。

 

毎日の生活の中でかかる腹圧や重力で悪化することがあります。

 

しゃがんだり腹圧が強くかかった時、立ち仕事や長時間歩くなどで腹圧や重力が長時間かかる時に症状が現れます。

 

進行すると、弱い腹圧でも、臓器がはみ出る回数が増え、下がり方も大きくなってきます。

 

この症状にはハニーラルヴァで行っている骨盤底筋トレーニングが有効。

 

尿漏れ防止、そして産後にも重宝されている骨盤底筋トレーニングです。

 

骨盤臓器脱は基本的に命に係わる病気ではありませんし、急いで手術する必要はありませんが、

 

膀胱炎を繰り返してしまったり、臓器が挟まって歩きにくい、臓器が3cm以上はみだしている場合などの時に

 

手術を検討したほうがいいかもしれません。

2020-01-15 08:11:00

1月後半のテーマは「丸める反る運動」そして「体幹トレーニング」です

7月後半のテーマは「丸める反る運動」そして「体幹トレーニング」です

後半テーマは身体を丸める反る運動、そして体幹トレーニングがメインになります。

  

「丸める反る」は歩く、走る、の動作が楽になり山道や坂、階段の昇り降りではもっとそれが実感できるようになります。

 

それが骨盤の「丸める反る」運動です。

 

胴体を丸める時、横から見るとCの字のようにたわむ。

 

反るときは丸くなった背骨が少しずつもとへ戻り、首の骨が背骨からまっすぐに伸びていきながら、胸が広がった感じになります。

 

この時、骨盤が動き、その動きが背骨に伝わりますが、丸める時は骨盤が後ろに回転。

 

骨盤が後ろに回転すると骨盤内の筋肉群が縮むことになります。

 

この動きがスムーズになれば、腰から下腹部、腰から臀部にかけての筋肉がよく動くようになるため、そこに連動している大腿が楽に動くようになります。

 

よって、ダンスや脚の表現を必要とする歩きや走りの表現が多彩になると言えます。

 

そして、もうひとつは「体幹トレーニング」

 

ハニーラルヴァでもお伝えしている通り「体幹」は簡単ですが簡単ではありません(笑)。

 

体幹の姿勢を真似する事は誰でもできます。

 

そう難しい事でもありません。

 

でもそれは真似しているだけ、という事。

 

「体幹トレーニング」はどこにどう力を入れて姿勢を保つか、が重要であり、

 

形だけまねようとしてキープしても、例え1分、3分、10分保つことができたとしても、

 

本来入れてほしい力が入ってなければ意味は全くありません。

 

他の筋力トレーニング、または腹筋トレーニングと同じように。

 

入れるべき場所に入れる力、を伴わなければそれは10分、20分継続しても

 

正しく1分継続した体幹トレーニングの足元にも及ばない強度になってしまいます。

 

手足の連結部分として重要な「体幹」。

 

これを鍛えることで、「手」や「脚」のパフォーマンスレベルが上がるのは確実です。

2020-01-14 08:24:00

地獄ダイエット3週目

南国ダイエット.jpg

頑張ってくれている地獄ダイエットの3週目です。

 

有酸素運動、そして間欠性トレーニング。

 

これを日々繰り返していただいてもらっています。

 

脂肪燃焼の特化したトレーニング内容を選びました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...