FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

②お知らせ

2019-03-15 08:07:00

脂肪の役割、痩せている人も注意してほしい事

脂肪とは、動物として飢餓を乗り切るためのエネルギー。

 

人間に限らず、動物は生き延びて子孫を残すという本能があります。

 

環境の変化などで食べるモノがなくなっても、脂肪の蓄積という生き延びる能力を獲得することによって今日まで進化してきました。

 

言い換えれば、脂肪を蓄積する機能を得た動物だけが生き延びてこられたという事。

 

脂肪は他にも体温を保つための断熱作用、骨や内臓を保護する役割もあります。

 

体脂肪がなく痩せすぎの人は、気温の変化に弱く、風邪をひいたり、病気になりやすいのもうなずけます。

 

皮下脂肪の多い女性のほうが、冬山で遭難したときに生命力があるというのもよく聞く話。

 

エネルギーを摂り過ぎたとき、余ったエネルギーは「中性脂肪」として蓄えられ、必要な時に供給できるように準備されています。

 

つまり、脂肪は決していらないモノだけではないのはご存知の通り。

 

そして「肥満」のコトも頭に入れておいてください。

 

太るときは細胞脂肪が増えているのか?

 

それとも、細胞のひとつひとつが大きくなっていくのか?はすべて解明されていないようですが。

 

「肥満」というだけなら、医学的に治療の対象にはなりません。

 

肥満によって健康に異常が出ている人」

 

ほうっておくと異常が出ると予測される人」は治療の対象になります。

 

ちなみに「肥満症」というのは日本が作った言葉です。

 

日本は世界的にも肥満度ランキングは166位。(WHO世界保健機関)

 

ですが、代謝障害である「メタボリックシンドローム」、または「予備軍」が多い国、それが日本です。

 

つまり、アメリカ人より肥満指数が低くても、内臓脂肪が溜まりやすく、メタボリックシンドロームになっているという現実。

 

掘り下げると、皮下脂肪や内臓脂肪以外の脂肪、本来は脂肪が溜まらないはずの細胞の中に溜まる脂肪が存在します。

 

そのことについて次回の「お知らせ」に記載します。

 

痩せているのに生活習慣病になる人が多いのが、現代日本人の特徴でもあります。

 

「自分はいくら食べても太らない体質だ」

 

「不摂生に強い体質だ」

 

と豪語する人はせっかくメタボ健診を受けても、結果健康に注意を払わなくなります。

 

「それほど太っていないのに糖尿病になってしまった」

 

「そんなにお酒を飲まないのに肝臓を悪くした」

 

むしろ太りにくい人ほど・・・

 

そのことについて次回はお伝えしたいと思います。

2019-03-13 07:45:00

伴流必至×ハイスタ

ロックバンド・ハイスタンダードのボーカル横山健さんとスタイリスト白山さん制作の伴流ボクシングジムTシャツ。

 

file-76.jpeg

 

ハニーラルヴァでも。ライブでも。

 

file-77.jpeg

2019-03-12 00:58:00

今一度、腹式呼吸を思い出してみてください

以前、ハニーラルヴァでも企画として行った

 

「呼吸法2週間コース」

 

呼吸法.jpg

 

呼吸法がどれだけ大切か?

 

吸う酸素より重要なのは?

 

呼吸の指数を測るボルトスコアで、自身の呼吸の強度を測りながらトレーニングしてきました。

 

それ以前にハニーラルヴァの通常メニューで行ってもらっているドローイン呼吸。腹式呼吸。

 

腹式呼吸では息を吸い込むとき、横隔膜が下がり肺を下へ広げます。

 

この時腹筋はゆるみ前に張り出します。

 

同時に背骨が反り、息を吐くときには横隔膜が下がって肺を縮め、腹筋が縮みお腹が凹みます。

 

多くの人は息が上がり少しでも多く酸素を取り入れようと急ぐあまり、胸式呼吸になっています。

 

空気を吸う時、胸が膨らみお腹が凹む、息を吐くときは胸がしぼみお腹が張り出します。

 

これが典型的な胸式呼吸になります。

 

胸式呼吸では効率的に酸素と二酸化炭素の供給ができず、心拍数が上がってしまいます。

 

腹式呼吸には欠かせない横隔膜は重要なエアロビック筋であり、横隔膜が鍛えられればエアロビックな運動能力が向上します。

 

要するに「有酸素運動」ですね。

 

この有酸素運動を重視すれば、先日記事にも載せた脂肪がしっかり燃焼される身体の仕組みが保たれます。

 

ダイエットのためにはエアロビック運動の有酸素運動、その元になるのが横隔膜をしっかり使った「呼吸」のドローイン。

 

入れる酸素も吐く二酸化炭素も安定させなければればいけない。

 

吸うという交感神経優位の状態が多い現代、しっかりリラックスの副交感神経を整えるために「量」を定め呼吸をして下さい。

2019-03-11 08:00:00

まっ白い灰になる高強度心拍数トレーニング

3月に入り「タバタトレーニング」志願者が手を上げてくれています。

 

以前お伝えした心拍数トレーニング・マフェトン理論のMAFトレーニング。

 

長い時間30分40分トレーニングするのであれば、エアロビック運動を越えないよう心拍数の幅を守り

 

トレーニングしていく事が重要だと伝えました。

 

それとは逆に、短時間で有酸素運動・無酸素運動ともに能力の向上がみられるトレーニング。

 

60分や80分と長い中途半端な(MAFトレーニング心拍数内を外れた心拍数)トレーニングをするより

 

このタバタトレーニング(3分~4分)で6週間行った結果、有酸素運動能力が10%、無酸素運動能力が30%改善するという結果が出ています。

 

Vo2maxという、1分間に何mlの酸素を摂取できるかという数値。

 

1分間に10%、30%改善するという事は、酸素の可動域が増え多くの酸素を吸収できるということ。

 

多くの酸素を吸収できれば、持久力が増え疲労をより早く回復させることもできます。

 

細かくいうと、無酸素運動も有酸素運動の力をかりなければできません。

 

無酸素運動も有酸素運動のエネルギーを供給していますので、一概にどちらの運動だとは言えませんが。

 

無酸素運動と呼ばれる短距離走では酸素の摂取が間に合う、間に合わないが一刻を争います。

 

もっと単純に言うと、酸素の量が運動能力に比例する。

 

アスリートだけが注意すればいいというのは違い、酸素摂取量は加齢により低下します。

 

酸素摂取量が高い人ほど糖代謝(インスリン感受性)が高くなるため、糖尿病予防になります。

 

スポーツばかりでなく生活習慣病予防効果があります。

 

それでもこのトレーニングはオリンピック選手やプロアスリート選手が行い疲労困憊になり、酸素欠乏症状態になります。

 

ハニーラルヴァで厳密なタバタトレーニングを実施。

 

厳密とは胸に心拍数を測れるトランスミッターを装着していただき、心拍数を見ながら行います。

 

インターネット上でタバタトレーニングに対し、

 

「少し挑戦してみた」

 

「1日に何度も挑戦してみた」

 

という表現を目にしますが、先に記述した通り、

 

3分~4分のトレーニングでも疲労困憊そして酸素欠乏症になるものですので

 

『何度も』や『少し』の表現が当てはまりません。

 

ハニーラルヴァで挑戦した会員様、遂行できた方、タバタトレーニングに辿り着けなかった方、途中で断念した方。

 

それぞれです。

 

file-75.jpeg

 

そしてトレーニング後、

 

あしたのジョーみたく「まっ白い灰」になってしまった会員様もいらっしゃいます(笑)

 

強くなれば強くなるほど、きつくなっていくこのタバタトレーニング。

 

それを如実に表しているトランスミッター。

 

D1SZPPBVAAAu5JZ.jpg

2019-03-10 05:25:00

ドローイン呼吸はぽっこりお腹改善の近道です

今月前半のメニューでもある「腹筋」

 

日頃からハニーラルヴァではドローイン呼吸をしてもらっています。

 

丹田を意識してもらい腹式呼吸そして、胸式呼吸、逆複式呼吸。

 

ピラティスでは「スクープ」とも呼ばれるこの呼吸法。

 

「インナーマッスルを刺激してお腹によい」という表現がよく使われていますが、

 

どういう作用なのか?

 

理屈的には、お腹を凹ませると腹巻のようにお腹を包んでいる腹直筋や腹斜筋群によって内臓が締め付けられます。

 

すると、筋肉に緊張状態が残り、ウエストが細くなるという仕組みになっています。

 

最初は一時的な効果にすぎませんが、繰り返すことで継続時間が長くなり、細さが定着していきます。

 

それに、腹斜筋群のトレーニングを負荷を下げて多くこなすことでも、周辺部の脂肪が落ちやすくなり脇腹をスリムにできる効果を持っています。

 

お腹は手足に比べ動かす頻度が少ないため、脂肪が付きやすい現状です。

 

大切なのは股関節ばかり動かすことではなく、コア(とくに背中の脊柱)を大きく動かすこと。

 

お腹を凹ませると複腔内の圧力が高まることから腰も安定します。

 

ドローインをしながら腹筋運動をこなすこともいい方法です。

 

腹直筋を縮める腹筋運動に対して、ドローインは腹直筋を伸ばそうとします。

 

相応する力を同時にかけ、負荷を高めるトレーニングのひとつです。

 

今月前半のテーマである「腹筋」。

 

残り少しですが、ドローインを意識して腹筋運動をすることはポッコリお腹解消の近道です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...