FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

④お役立ち情報(毎日更新)

2021-03-12 22:58:00

関節が固い、柔らかいの意味は??

240_F_268276256_4H75VoI58uamCa3iv68cupIJJ7dgUeNO.jpg

関節が固い、そういう箇所をストレッチで柔らかくする。

 

これはどういう事?なのか。

 

関節が柔らかくなる、という事。

 

ハニーラルヴァでもテーマ毎に動的ストレッチをしてもらっています。

 

下半身のテーマの時は下半身の動的ストレッチ。上半身の時は、上半身にポイントを当てた動的ストレッチ。

 

動的ストレッチなどで少しずつ関節を動かしていくと刺激を受けた筋肉の温度が上がっていき、関節包の中の滑液の分泌が促されます。

 

よって関節部が動きやすくなる、という訳です。

 

動きながらのストレッチ(動的ストレッチ)筋肉が温まる関節包の中の滑液分泌が増える関節の動きがスムーズになる→柔軟性が広がる

 

こういう仕組みで関節が柔らかくなる(可動域が広がる)仕組みになっています。

2021-03-11 16:35:00

腸内環境とクルミ

240_F_291845587_z6mOFTUDrqYzPuDYf24gTnwCM4nkTM9J.jpg

腸内細菌が作っている神経伝達物質やホルモン。

 

腸は「第二の脳」と呼ばれるようになってきています。

 

このフレーズは僕は大袈裟だとは思いますが、腸の何が良い?か。

 

ひとつ、腸の中を殺菌したら死にます・・・っていうくらい腸内にある細菌は重要です。

 

ひとつ面白い研究をしたチームで、メンタルの弱い人にメンタルの強い人の腸内細菌を手術で移したら、メンタルが強くなったというデータもあります。

 

さて、最近の研究まで、「腸で作った物質が脳に届くのか疑問があった昨今」、迷走神経を介して腸から脳に影響を与えてる可能性が上がっています。

 

不安を抱えやすいかどうか、不安や不眠も腸内細菌をコントロールすることによって脳をコントロールできるのかもしれないという腸内環境。

 

腸内環境を良くするには、良い菌を入れるだけでは意味がなく、そこに付随した上で良い環境というエサも必要になりその上、ほかの菌の手助けも必要となってくる。

 

良い菌だからといって偏って野菜ばかり食べる事をするのも寄り過ぎなので、手軽にひとつ腸内環境が良くなる食材のひとつ「くるみ」を紹介します。

 

なんでクルミ?

 

脳機能が良くなる。コレステロール、中性脂肪が改善する。

 

クルミには様々な良い影響があることは知っている方もいると思います。

 

クルミを消費すると心臓病のリスクも改善する。

 

そんな話も聞いたこともあるかもしれません。

 

クルミが腸内環境を良くし、間接的に脳や他に影響を与える事の研究データが上がってきています。

 

クルミのサプリメントも多いですが、「クルミ」自体を食べた方が良いという事が分かりました。

 

クルミを食べる事によって、ローズプリアやユ―バクテリアエリジンス、こういった有用な細菌が影響し、

 

善玉菌がクルミによって増えているというデータも出てきました。

 

ダイエットに関しても基本は糖質制限、脂質制限じゃなくオーバーカロリーかアンダーカロリー。ですがダイエットの補助には腸内環境は重要な支えのひとつ。

 

機会があったら「クルミ」を試してみるのも良いかもしれません。

2021-03-10 09:58:00

ヴェジタリアンは「野菜人」でも「菜食主義者」というのでもない

240_F_42910074_ASZ6ONhieBqfTuqmk82yiz30XwFqhDth.jpg

日本でも健康志向の食生活が意識され、ヴェジタリアンやヴィーガンの言葉も耳にすることが多くなってきました。

 

ここでその意味をもう一度再確認していきましょう。

 

「ヴェジタリアン」はよく野菜家や野菜人、菜食主義者とも言われますがこれは不適切。

 

ヴェジタリアンは野菜の「ヴェジタブル」の語尾が変化したものではありません。

 

ヴェジタリアンはイギリスのヴェジタリアン協会の造語。

 

ラテン語で「安全な」「健全な」「生き生きした」「活発な」を意味する『ヴェゲトゥス』に由来する言葉なんです。

 

定義として「乳製品や卵に関しては摂取する人もいるし、そうしない人もいる」これがヴェジタリアン。

 

そして「ヴィーガン」

 

こちらは、肉類、鶏肉、魚介類はもちろん、卵や乳製品も一切取らない。

 

動物性食品を厳格に避けるヴェジタリアンとしているのが「ヴィーガン」。

 

「絶対菜食主義者」という訳語も見る事もあり、「ストリクト・ヴェジタリアン」、「ピュア・ヴェジタリアン」とも呼ばれ、

 

人間は動物を摂取することなく生きるべきだという主義です。

2021-03-09 13:04:00

会員様の声

240_F_229507049_GgnHnUio8w2OqTTdYLW9CFnJVpApLQbR.jpg

昨日嬉しい話を聞けました。

 

ハニーラルヴァに通ってくれているある会員様はスノーボードをされています。

 

その方がハニーラルヴァに通ってから

 

「スノーボードできる時間が長くなった。疲れなくなった。」

 

嬉しい言葉をいただいたと思っています。

 

『健康になってどうしたいか?』

 

目的をもって運動に励み、健康になってほしい。

 

健康になったから「食事に行って友だちと話せる時間が長くなった」とか、

 

健康になって「買い物にいける範囲が広くなった」とか。

 

シンプルに生活に活かしてもらえるよう、これからもハニーラルヴァは頑張っていきます。

2021-03-08 11:23:00

【注意、肩甲骨ブーム】肩甲骨を動かすとどうしても肋骨が固まってしまう

【注意肩甲骨ブーム】肩甲骨を動かすとどうしても肋骨が固まってしまう

以前、「肩甲骨はがし」の件で、そもそも肩甲骨は、はがれないとお伝えしました。

 

過去記事→ https://honeylarva.com/info/3556701

 

「はがす」=「柔らかくする」という意味も含まれていたりもする肩甲骨はがし。

 

そもそも「柔らかく」するというのも

 

肩甲骨を運動させるためによーく肩甲骨を動かしているのも危険なんです。

 

試してみれば分かると思うので今、肩甲骨を動かせる人は動かしてみて下さい。

 

肩甲骨は肋骨を土台にして動かしているのが分かるかと思います。

 

そして肩甲骨を動かせば動かすほど、肋骨が固まっていませんか?

 

そう、肋骨を固定させないと肩甲骨を動かせないんです。

 

肩甲骨運動をやればやるほど「肋骨」が固まっていってしまいます。

 

代償動作と言い、ある部位の代償を負って動かせる箇所。

 

それを繰り返すことによって「肋骨を固定しないと動かせない身体」になってしまいます。

 

肩甲骨を意識して運動しようとすれば、体の深層部も固めてしまう事になるのでご注意下さい。

 

インナーマッスルなど、体の中心部には大切なモノがたくさん。

 

そこを度返しして、肩甲骨だけ柔らかくなってもいい事はありませんのでご注意下さい。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...