FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

②お役立ち情報(毎日更新)

2020-02-14 23:38:00

ブルーベリーは目にいい?

blueberries-1992478__340.png

ブルーベリー、ちまたではビルベリーのアシトシアニンが良いと盛んに宣伝されています。

 

これによってブルーベリーが目に良いって本当なの?という説が広まっているようです。

 

この説のそもそもの始まりは、第二次世界大戦中の空軍パイロットの話が元ネタです。

 

当時は夜間も有視界飛行でした。

 

つまり、夜も目でよく見えないとパイロットとして成しえない。

 

そのために少しでも良いかもしれないと、ビルベリーのジャムを食べていました。

 

このような伝説によって、目に良い食べ物として、ブルーベリーがさかんに宣伝されています。

 

ブルーベリーから作ったサプリメントもたくさん売られています。

 

しかしながら、その効果に基づく医学的根拠はありません。

 

ブルーベリーのサプリメントの研究については、

 

アメリカの国立衛生研究所NIH(National Institutes of Health)での研究が、比較的信頼性が高いとされています。

 

しかし、エビデンスとしては完全ではありません。

 

ビルベリーには抗菌化作用があるのは分かっています。

 

しかし、目の健康に良いかもしれないという程度の希望的な憶測だけで効果は証明できていません。

 

要するに目への栄養効果を期待はできないという事になります。

 

NIHの研究では、加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)の予防効果があるという報告はあります。

 

これは可能性あり。

 

網膜にある色素カロテノイドの一種であるルテインとゼアキサンチンは、加齢黄斑変性に重要な予防効果があると発表しています。

 

このふたつの物質は、生体内では合成されず、野菜や果物サプリメントから摂取しなくてはなりません。

2020-02-13 03:31:00

除菌という言葉は医学用語では存在しません

除菌という言葉は医学用語では存在しません

YouTube動画の中で「除菌」も説明しています。

 

除菌という言葉は医学用語では存在しません。

 

除菌という言葉の中は曖昧で、菌を絶滅させるという意味ではなく、あくまでも数を減らすという意味合いになります。

 

医学用語では滅菌がすべての微生物を死滅させる意味。消毒が病原性微生物を死滅させ、感染を防ぐ意味合いです。

 

明確な言葉になっている「滅菌」そして「消毒」に比べ、「除菌」は抽象的な言葉になります。

 

その「除菌」商品の中でも「クレベリン」は

 

「エビデンスがあります」とうたっている商品ですが、

 

「エビデンス」はあくまでも「エビデンス」。

 

そしてそのクレベリンの効果の二酸化塩素ではコロナウイルスそしてインフルエンザウイルスも感染リスクの低下を示す根拠にはなっていません。

 

「学会で発表」は以前このハニーラルヴァの記事でも注意した通り、誰でも学会で発表はできますのでご注意下さい。

2020-02-12 18:07:00

マスクに気を付けて下さい動画アップロード

緊急でYouTube動画!マスクに気を付けて下さい。

マスクについて動画をアップしました。

 

マスクを通してウイルスが入ってくる可能性を載せています。

 

2020-02-11 00:43:00

インフルエンザやコロナウイルス対マスクについて

インフルエンザやコロナウイルス対マスクについて

タイムリーに流行しているウイルス「コロナウイルス」「インフルエンザ」について。

 

ウイルスの事についての明言は混乱を招くので避けますが、その対象となっている「マスク」については

 

混乱を避けるため記事にします。

 

ここで説明するまでもなく、ドラッグストアや色々な小売店で「マスク」の大量買いが殺到していると聞きました。

 

まず症状がない人は「マスク」をしても意味がありません。

 

結論から言うと、

 

「マスクはウイルス自体は防げません。しかし、飛沫は粒子が大きいため防げる」

 

飛沫とはせきやくしゃみです。

 

それぞれの粒子を記載します。

 

花粉が30 / PM2.5が2.5㎛以下 / 細菌が1.0㎛ / インフルエンザウイルス0.08㎛~0.12㎛ / コロナウイルス0.1㎛

 

気道からの飛沫は3.0㎛~5.0㎛

 

マスクによる捕捉粒子の大きさは、不識布製で5㎛以上すなわち飛沫までです。

 

感染者以外の方がマスクをしてもインフルエンザもコロナも粒子の方が小さいので防ぐことは無理。

 

飛沫が保菌者の口から出て周囲の人の口や鼻に到達して感染を起こすのは、1m以内。

 

240_F_319717137_1wRomKp80MRBbrGegQMn1VwbUtvvnENf.jpg

 

「マスクのインフルエンザに対する予防効果ですが、

 

インフルエンザ発症者がマスクを着用することで家庭内感染を防ぐことが可能であるかを検討したフランスの調査では、

 

マスク着用群とコントロール群で差はなく、予防効果は認められていませんでした。

 

医療従事者を対象にしてマスク着用と非着用を比較した感染予防効果を調べた日本の報告では、

 

マスク着用者と非着用者で、感染に差がなかったと報告されております。」

 

この上、マスクのつけっぱなしもダメです。

 

マスクを着けながら歩いていれば他の人からの咳やくしゃみの粒子を浴びるでしょう。

 

自分の絶対的に清潔ではない時間に触った手でマスクを汚してしまうでしょう。

 

医療従事者がインフルエンザなどの飛沫感染をする感染症の患者さんを診察するときは、1回1回必ずマスクを着け替えます。

 

症状がある方は「マスク」をする事を勧めます。

 

しかし症状がない方が過度にマスクをすることはいかがなものかとは思います。

 

感染していない人がマスクをしていてもしていなくても、感染者がマスクをしていない限り防ぎようがない、という事。

 

かといって気持ちの安心感を天秤にかけてマスクを着用することも悪いとは言えませんが。

 

その他にもネットで色々な誤報が連なっているのでご注意下さい。

2020-02-10 07:32:00

YouTube動画「仏像修理師」トーク第4弾

QOL.jpg

仏像修理師たちとの文化財トークもラストシリーズ。

 

最後はギュギュっと「日本の文化財」について話しました。

 

Today