FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

②お知らせ

2019-04-14 10:17:00

「心拍数トレーニング」を終えた男性の声

「仕事帰りにやったんですが、30分前後の短時間でおわるトレーニングでよかった。」

 

「その中の25分以上のほとんどの時間はラクなトレーニングでした、これでいいのかってくらい。」

 

「たった3分、4分がとてもこたえましたが・・・(笑)」

2019-04-13 12:54:00

「捻る」運動は「伸ばす縮める」運動や「丸める反る」運動の応用です

今月前半の体を「捻る」運動。

 

ボクシングパンチでもフックを主に運動していただき、

 

キックボクシングミットでも腰の回転を使う「ミドルキック」をよく打っていただきました。

 

この「捻る」運動、その他の月で行う「伸ばす縮める」運動や「丸めたり反ったり」を応用する運動、

 

それは胴体の力を活用するための大切な運動です。

 

この「捻る」運動はその他の「縮めたり伸ばしたり」「丸めたり」といった運動と連携しています。

 

「捻り」を遮るのは背中の硬さなので、その硬さをとるためにも体を「丸めたり反ったり」して、

 

内臓部の硬さをほぐし、背中のストレスを軽減させなければいけません。

 

その硬さがほぐれた時に「捻る」力が最大限発揮され、下半身の大腿筋にも活用されます。

 

そう、ハニーラルヴァで行っている身体の使い方はすべて繋がっています。

 

骨盤の動きもそうですが、体幹の力もつかった身体の「使い方」をしなければ身体を真に動かしているとはいえません。

 

骨盤や体幹など目に見えない動きをつかえるようにするためには、まず簡単に意識できる筋肉の動きを使うことが理想です。

 

ただ単に「手を動かす」、「脚を動かす」であれば運動とは言えず、やはりそれは単純に「動かしているだけ」。

 

「体を使う」とは「身体を使う」ことであり、

 

運動とは「目的のために身体を使う」ではないでしょうか?

 

身体の健康や操作性、柔軟性(可動域)のクオリティを高めた生活をのぞみ、

 

健やかな生活を維持していきましょう。

2019-04-11 08:55:00

ハニーラルヴァの「LINE@」友だち追加で情報GET

ハニーラルヴァは以前からメルマガ配信もさせていただいていますが、

 

多数の方から

 

「メールだと迷惑メールBOXに流れてしまう」

 

 

「メールはあまり開かないので」

 

「届かない」

 

等の問い合わせがありました。

 

プレゼントやお得情報、フィットネス情報または健康知識情報を送信させていただいていたのですが、

 

皆様にサービスが行き渡らないのは残念ですので、

 

LINE@

 

これを設立しましたので、よければこちらも登録お願い致します。

 

img_sec4.png

 

今まで通り、お得情報またはプレゼント情報はメルマガそしてLINE@に送信させていただきます。

 

登録宜しくお願い致します。

2019-04-10 00:08:00

かえってきました「骨盤底筋・PC筋ダイエット」!

2018年の10月に実施した

 

「骨盤底筋・PC筋ダイエット」

 

2019年の今年も2週間限定で実施します。

 

女性限定プログラムになっており、自由参加プログラムです。

 

5月に実施予定です。

 

希望の方は受付で名前をお伝え下さい。

 

5月のゴールデンウィークが明けた中旬から、5月末までを今のところ予定しています。

 

大きく動かず、場所を選ばずできるダイエットプログラム。

 

去年好評でしたので、今年も行います。

 

女性のケアにとても暖かいフランス国が行っている

 

「ペリネダイエット」のエクササイズも加えて実施致します。

 

フランスでは女性のための社会保障が充実。

 

そのフランスが女性を大切にしている証ともいえる社会保障。

 

ボディラインや健康に大切なペリネ。

 

ペリネケアはフランスでは100%社会保障となっています。

 

それほどフランスが「女性」を大切にしているかが分かる事ですね。

 

このペリネを鍛えるトレーニングがそのままダイエットにも直結。

 

「ペリネダイエット」としてフランスで浸透しています。

2019-04-08 11:58:00

今月の前半のテーマでもある身体を「ひねる」運動の中身

「ひねる」とは二本足歩行のできるようになった人間の特権の動きです。

 

どんなに驚異的な身体能力をもった動物でさえも、「ひねる」という動きはできないと言われています。

 

結果「ひねった」動きを見せる動物がいたとしてもそれを連続的に行うことは不可能とされています。

 

「ひねる」とは胴体と軸足が股関節を境に逆に回転する動きという定義になります。

 

軸足が胴体の「ひねる」につられて動かないようにしなければいけません。

 

胴体と軸足が逆ひねりになることで、胴体には大きなパワーが蓄えられることになります。

 

少しでも軸足の膝が緩むなどして、地面と垂直方向に働く力が逃げればこのパワーは無効。

 

ゴルフのドライバーショット。

 

golf-1002808_960_720.jpg

 

右向きのスイングをはじめ、、最も高い頭上までもっていったとき、右足に体重がほとんど乗る。

 

胴体が右方向に回転されていくのと反対に股関節から下は左方向に回される。

 

この時、右足の裏に体重が垂直にかからなければならないとされています。

 

そのため、膝や腰が右方向に流されてしまっては無効。

 

流れた時点で「ひねる」じゃなく「回転運動」になってしまう。

 

股関節から下は脚全体を斜め下方向に絞る。

 

この動きで、力が右に流れていくのをブロックし、股関節で地面をとらえられる。

 

「ひねる」の動きが必要とされるシチュエーションはスイングを伴うスポーツのみ。

 

日常生活ではほとんどない。

 

じゃあ、スポーツをやらなければ関係ない?

 

そういうわけじゃありません。

 

日常からだるさが抜けないなど、座るとすぐ眠ってしまう方。は捻りが足りない。

 

捻ることで交感神経を刺激すれば、身体が起きます。

 

そして左右のバランスがとれることで、胸のねじれなどがとれ、同時に背骨の歪みなどが調整されていきます。

 

「ひねる」は各部位に対して意図的になり、はじめて発揮されるパワー。

 

どんな胴体操作がうまくできる人でも、意識的に「創り上げていく動き」です。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...

Today