FITNESS BOXING CLUB ハニーラルヴァ

個人の目的に合わせたフィットネスクラブ

0287-33-9217 contact

②お役立ち情報(毎日更新)

2020-09-04 15:57:00

腰痛の改善に腹筋?

240_F_274729600_073JyJngzhXQ5NbSlDOdjdcFCBJprzqi.jpg

お医者さんでもインナーマッスルやドローイン、腹横筋など深い細かい体の連鎖を知っている方は多くありません。

 

よって腰痛の原因ともなると「筋肉」「腹筋」が弱くなっているからと診断され、腹筋をとにかく鍛えたいと思われる方は少なくないかと。

 

伝える人が悪い診断する人が悪いと言っているのではなく、仕事が違うので仕方ありません。

 

腹筋が強ければ腰痛にならない、とは別。

 

過去、僕もプロボクサー現役中、腰痛は誰にも譲れないほど悩んでいました(今は腰痛はありません)。チャンピオンの時は特に。

 

腹筋が強くなれば腰痛は大丈夫と言うのであれば、ボクサーを含め格闘家はみんなシックスパックの持ち主。

 

シックスパックなら腰痛はないという根拠はありません。関係もありません。

 

僕が現役時代の周りは、逆に腰痛に悩まされている格闘家は多かった記録があります。

 

ボクシングのチャンピオンだろうが、キックボクシングのチャンピオンだろうがみんな腰痛を持っていました。

 

もちろんいいカラダをしている選手ばかりでしたのでシックスパックです。

 

 「腹筋は間違っている?」

 

そう思うにはまだ早いんです。

 

間違ってはいない。けど間違っている。

 

「腹筋」と聞いて理解できている人とできていない人が多いからこうなってしまっています。

 

シックスパックというのはもちろん「腹筋」、ですがインナーマッスル、ローカル筋の「腹筋」を求めていかなければ腰痛を改善とはならないでしょう。

 

逆にシックスパックなどの外側の腹筋に意識してしまっては、腰痛を加速させてしまい本末転倒になってしまいます。

 

腹横筋やドローイン、腹圧などを意識させなければいけない腹筋が求められるというわけです。

 

これ以上の説明はここではしませんが、「腹筋」を単純にまとめてはいけません。

 

「腹筋」は確かに間違いはないのですが、そこの説明で終わらせてしまうと間違えてしまいます。

2020-09-03 10:58:00

眼は洗ってはいけません

240_F_330200085_SKK5Dbf0nqnUadSoVQ7YJyyuD9vljbw1.jpg

眼は洗ってはいけない。

 

このことは皆さんよくご存じの取り、目の中の涙の成分の中に油成分や角質を守ってくれる成分があります。

 

目を洗うとこれが洗い流されて角膜が傷んでしまうのは皆様が良く知っての事だと思います。

 

水道水も無菌ではないので、水道水で洗うという事もしないように。

 

花粉症などの時もそうです。僕も昔はよく使用していたホウ酸などで目を洗う器具。

 

これも目の油層や角膜保護成分を洗い流してしまいます。

 

目の中に異物やほこりが入ってしまった場合、洗わざるを得ないこともありますが、なるべく目を洗わないようにするのが目の健康にマスト。

 

目はむき出しの臓器です。

 

ここが大切なポイントだと眼科のスーパードクターたちは言っています。

2020-09-02 21:00:00

「腹筋」は体幹と同じで形ではなく意識で違います

7月のテーマは「腹筋」です

腹筋となると回数を意識しやすいですが、それは逆効果。

 

大切な姿勢を怠っての回数は自分の身体を痛める以外のなにものでもありません。

 

腹筋は正しくドローインでローカル筋を意識していなければなにも効果は期待できません。

 

ローカル筋とは腰の骨のまわりにくっ付いている筋肉を指します。

 

そしてグローバル筋というものも大切。

 

腹直筋や腹斜筋など皮膚に近い筋肉を指します。

 

グローバル筋肉だけではダメ、ローカル筋肉に力が入れられてこその腹筋です。

 

体幹姿勢と同じですね。

 

ハニーラルヴァでは体幹姿勢の時も意識してもらうように声をかけています。

 

形だけの体幹ではNGと同じように

 

形だけの腹筋だと何百回やっても自分の腰を自分で痛めつけてるだけ。

 

正しい姿勢で、少ない回数でも効果を発揮させる腹筋でお腹を変化させていきましょう。

2020-09-01 10:58:00

今週のテーマは「腹筋」です

腹筋テーマ.jpg

9月に入りました。

 

テーマは変わって「お腹を凹ませる」腹筋がテーマです。

 

真ん中ラインの「腹直筋」、そして横の「腹斜筋群」を鍛えていきます。

 

様々な形でアプローチしていくので、このテーマの時に一気に腹筋を作っていきましょう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...